坐骨神経痛の治し方

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

「坐骨神経痛の治し方」

腰痛を放っておくと、そのうち腰痛が慢性化して、今まで腰痛だけだった症状が下肢の痛みやしびれの症状である坐骨神経痛になってしまうことも珍しいことではありません。

病院で診察を受けたらレントゲンで異常はなく「坐骨神経痛」ですと診断を受けた方、また自分で色々調べたらひょっとして坐骨神経痛かも知れないと思われた方も多いかと思われます。

原因は様々ですが、痛みがどういった状態で発生しているのか、どういう対処や治療を進めていけばよいのか、なかなか判断が難しいところです。

坐骨神経痛の原因には、レントゲン、MRI画像で椎間板ヘルニアやすべり症、脊柱管狭窄症といった代表的な腰椎疾患がありますが、それ以外にも骨がずれて神経を圧迫したり、筋肉の緊張、ストレスや、内臓系の疾患の場合もあります。

整形外科で坐骨神経痛の原因が、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などと特定できる腰痛は約15%ほどです。

要するに原因不明の坐骨神経痛が多いということです。

病院で原因不明の坐骨神経痛と言われたら対処のしようがありません。

結果的に痛み止めの薬とシップを処方されて「様子をみさせて下さい。」の一言です。

坐骨神経痛は、若い人から高齢の人まで見られる日常多い疾患でもあります。

今回「坐骨神経痛」という症状をいかに改善していけるかを解説していきます。

少しでもお役に立てれば幸いです。

まず坐骨神経痛の多くは、原因がはっきりとしていないということです。

レントゲンやMRI画像で原因がはっきりとわからないことは、治療方針が決められないと言うことにもなります。

特別な所見が見られない場合、いわゆる「坐骨神経痛」ということですまされてしまいます。

坐骨神経痛の痛みが長く続く場合、整形外科にてレントゲンやMRIで骨や椎間板などに異常がないか調べてもらうのが一般的ですが、検査をする中で一番重要なのが「触診」です。

なぜかというと体の悪いところのヒントは、体に出ているからです。

ですから、レントゲンやMRIだけに頼らず、触診も含めた診断が重要なのです。

現にブロック注射をしても症状が改善されない、痛み止めを飲んだり、坐薬を使っても改善されない坐骨神経痛は多いのです。

一方レントゲンまたはMRI画像で異常が見つかった場合、大抵の病名は、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛、脊柱管狭窄症による坐骨神経痛と診断されることが多く、ブロック注射や痛み止めで経過を見ることになります。

痛みが治まり、症状がある程度改善されれば、取りあえず以前と同じような生活に戻ると思いますが、実はそのまま放っておくと、まだ治っていない椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が必ず再発します。

しかも以前よりひどくなった状態です。

なぜまた再発するかというと痛みを抑えるだけの対症療法だからです。

痛みの原因が腰椎及び腰椎椎間関節、椎間板から発生している以上、しっかり元の正常な位置、状態に修復しておかないといけません。

痛みの元となる神経の圧迫は、筋肉や坐骨神経のもとにある腰椎や骨盤(腸骨、仙骨)のずれによるものです。

この土台となるところを治療せずに放っておくと、年齢とともに症状は見えないところで悪化していきます。

腰痛や坐骨神経痛などの疾患も病気と一緒で症状の段階(グレード1~4の4段階)があります。

サブラクセーション退化といって、ずれた背骨を放っておくと次第に進行していく流れがあります。

サブラクセーション退化の段階と治療期間は、以下の4つのグレードに分類されます。

第1段階:20年間経過、改善には6ヶ月~1年6ヶ月要します

骨の配列が正常ではない状態。自覚症状としてはあまり現れなく、症状はあっても矯正するとすぐに改善するレベルです。

第2段階:20~40年間経過、改善には1年6ヶ月~2年6ヶ月要します。

矯正のもちが悪く、治りにくくなります。

症状は慢性化し、内臓の症状なども気になりだします。

免疫力が落ち病気になりやすくなります。

第3段階:40~65年間経過、改善には2年6ヶ月~3年6ヶ月要します。

骨同士の癒着が始まり、矯正が困難になります。

痛みやしびれが日常的になり、痛い場所があちこちに出ます。

内臓の症状が顕著に出て、免疫力が更に落ち病気になる可能性が高くなります。

第4段階:65年間経過、改善は不可能です。

骨同士が融合してしまい、矯正が出来なくなります。

健康を害し、寿命が縮まります。

以上のように症状を放っておくとグレードが次第に進行していきます。

そして椎体や椎間板の変性、退化につながっていきます。

こういったことは、一般、素人の人はまず知りません。

ほとんどの人は、痛くなった時にしか来院されません。

だからひどい痛みにあってしまうのです。

これを知っていたらしっかり治さないと何れひどい腰になってしまうと感じることでしょう。

腰痛と坐骨神経痛は、密接な関係にあり、ほとんどが腰椎に何らかの原因があって起こります。

腰は痛くないのにお尻や脚だけが痛いことなどもあります。

腰痛は、急性と慢性とがありますが、坐骨神経痛を伴う腰痛は慢性からくる神経痛です。

直接的な原因としては、長時間同じ姿勢でいたり、過度なストレスが加わり、脚の方へと痛みやしびれを起こしてしまいます。

坐骨神経痛に伴う主な症状としては、以下のような症状が挙げられます。

1、坐骨神経痛の症状は、お尻、太ももの裏・すね・ふくらはぎ、足の甲や裏、足の指に感じられます。

2、脚全体に痛みやしびれを感じる場合もあれば、一部分だけに坐骨神経痛を感じる場合もあります。

3、座っていると脚の痛みが強くなる

4、痛みのため歩行が困難になる

5、足に力が入らなくなる

坐骨神経痛の治療方法には、①薬物療法、②神経ブロック療法、③理学療法、④外科的(手術)療法があります。

痛みが強いときは、整形外科で神経ブロック注射と言って、局所麻酔薬等を用いて痛みのもととなる部位に直接注射をすることが多く用いられています。

坐骨神経痛に行われる神経ブロックには、主に4つに分類されます。

どの注射をすべきかは、痛みの部位や強さ、患者さんへの負担(注射そのものの痛み)と照らし合わせた上で決めます。

基本的には少しでも痛くない方法から始めていきますが、効果が不十分な場合には、注射の種類を変える必要があります。

痛みのある局所に的を絞るだけ、痛み止め効果が期待できます。

こういった治療法がある中で、自分で坐骨神経痛を何とか改善できればと思う方もいると思います。

症状にもよりますが、どうやったら治るのか?

ストレッチや運動などを続ければよいのか?

しかし状態によっては、治療を施さないと改善されない症状があります。

改善の流れは、患部の治療を行い、症状が安定してきたらストレッチや運動を併用していく方が無難だと言えます。

人それぞれグレード状態を把握しておくことが大切です。

坐骨神経痛の種類

1、根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛

 坐骨神経が圧迫されて、痛みが起こるタイプの神経痛で、原因として椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症からくるもの。

2、梨状筋性坐骨神経痛

臀部にある梨状筋により坐骨神経が圧迫され起こるもの。

3、その他の坐骨神経痛

原因が詳しくわからず、治療法が困難と言われているもの。

腰椎椎間板ヘルニアから発症する坐骨神経痛は、青壮年から中高年に多く、腰部脊柱管狭窄から発症する坐骨神経痛は中高年から高齢者に多く見られます。

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症とも腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれを引き起こします。

坐骨神経痛の種類の中で非常に多いのが、骨がずれて神経を圧迫して起きたものです。

これは徒手矯正を施さないと自然治癒力が働きません。

正しく矯正が行われ、組織が修復、炎症が引いてくると痛みはやがて引いてきます。

以上のことから原因がどこにあるのかしっかり見極め、症状にあった適切な対処をしていくことが坐骨神経痛を根本から治す解決になります。

 

 

 

<ご質問お問い合わせは下記より>

◆ホームページ◆
https://himawari-seikotsuin.com/

 

◆院長大須賀に相談してみる 

http://www.firstchecker.jp/dx/form/1201/

メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。
無料メルマガ興味のある方は下記から。

 

メルマガは、ひまわり通信「幸せは、まず健康から」という件名で届きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S78617244/

 

無料レポート
▶「日常簡単に出来る肩こり予防体操ストレッチ」

興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-katakori

▶「日常簡単に出来る腰痛予防体操ストレッチ」

興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-youtuu

関連記事

コメントは利用できません。

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

ページ上部へ戻る