腰痛がつらく病院に行って、レントゲンで異常なしでも腰痛がある要因とは

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「腰痛がつらく病院に行って、レントゲンで異常なしでも腰痛がある要因とは」

腰痛がひどくなって病院を受診して診察を受けても、腰痛 レントゲン 異常なしで湿布や塗り薬、場合によっては痛み止めを処方されるケースが結構多いものです。

患者にしてみれば、痛みがあるのに、腰痛 レントゲン 異常なしと言われることで何となく腑に落ちないこともあるものです。

そのため、このような場合には、腰痛症という曖昧な診断名が広く使われます。

腰痛 レントゲン 異常なしであっても、痛みが出る理由は主に二つあります。

まずは、筋肉の異常がある場合です。

次に、多いのが一個一個の骨を見ると正常であっても、全体の腰椎が適正なバランスを欠いているために起こる場合です。

筋肉と骨とのバランスが乱れていても、腰痛になります。

具体的には、腰椎や骨盤が歪んでいるから腰が痛いこともあります。

立った姿勢で骨盤の位置や角度が正常ではないと、腰椎にダメージをかけてしまうことで起こって来ます。

また、頸椎のずれも影響があります。

高齢になると股関節の状態が悪くなることも多く、腰への影響も出てしまい痛みが出てしまうことも珍しくありません。

腰椎の上下で、わずかなずれがあるだけでも痛みが出て来ます。

そして、長年の仕事によって全身のバランスが壊れてしまう姿勢をし続けてしまうために、腰痛になることも多くあります。

これだけの要因があるのですが、腰痛 レントゲン 異常なしと言われるのは、レントゲンにもMRIにも骨の微妙なずれは写りづらいからです。

そのため、所見では異常がないと診断されるので、病名が腰痛症になります。

ですから、ゆがみを正すために整体でマッサージを受けたり、血流を改善するためにリハビリを続けたりすることで、これらの要因を取り除いて行くことが出来るので、腰痛の緩和や改善を目指せると考えられています。

決して、腰痛 レントゲン 異常なしであっても治療やケアをしなくて治るという意味ではないことを正しく理解をしなければなりません。

腰痛に悩む人は、普段から痛みが出ないように筋力をつける体操をしたり、動作でも意識をして痛みが出ないように工夫をしたりしてみることで改善が期待出来ます。

人間の体にとって、要であるのが腰ですのでそれほど全身のバランスを保つために大切な部分だと言えます。

正しい姿勢を保つためにも、こうしたケア、施術、工夫を行うようにして暮らすと、腰痛の方は悪化を避けたり、腰痛予防にも役立つのでお勧めです。

病院で、レントゲンで異常なしでも腰の痛みを抱えている方は、たくさんいるものです。

出来るだけ要因を無くせるような暮らしを目指すのが、賢明だと言えます。

 

 

<ご質問お問い合わせは下記より>

◆ホームページ◆
https://himawari-seikotsuin.com/

 

◆院長大須賀に相談してみる
http://www.firstchecker.jp/dx/form/1201/
 

メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。
無料メルマガ興味のある方は下記から。

メルマガは、ひまわり通信「幸せは、まず健康から」という件名で届きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S78617244/

 

無料レポート
▶「日常簡単に出来る肩こり予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-katakori

 

▶「日常簡単に出来る腰痛予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-youtuu

関連記事

コメントは利用できません。

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

ページ上部へ戻る