椎間板が狭いことで起きる腰痛の原因と治療方法

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「椎間板が狭いことで起きる腰痛の原因と治療方法」

腰痛は腰の部分に痛みが発生するものを指します。

腰痛といってもその種類はさまざまで筋肉痛から来ているものもありますし、内臓疾患から来る場合もあります。

筋肉痛の場合には数日で治まりますし、内臓疾患の場合もそれらを治療すれば改善することができます。

一方で治療が難しいのが椎間板が狭いことによる腰痛です。

椎間板とは、脊椎にある軟骨のことです。

脊椎は、合計26個の椎骨で構成されている骨のことで背骨とも呼ばれます。

それぞれの骨が独立しており、それらがある程度曲がるようになっているのが特徴の骨です。

曲がるようになっているため、椎骨同士が直接当たらないようにその間には軟骨である椎間板が入っています。

一方で脊椎には重要な脊髄や神経が走っており、人間の急所ともなっており、この神経を圧迫することによって痛みが発生します。

この圧迫の原因が椎間板 狭いことだったり、椎間板が飛び出してしまうことで発生します。

また筋肉の腫れによっても圧迫され腰痛の原因になります。

これら神経を圧迫していることによる腰痛の治療法としては、痛みをブロックする方法と、圧迫している原因を取り除く方法の2種類になります。

痛みをブロックする方法としては、鎮痛剤や神経ブロック注射で痛みを感じさせないようにするというものです。


多くのケースでは痛みの原因は筋肉の衰えが原因とされるため、痛みをブロックしている間に背骨周辺の筋肉を鍛えたり姿勢を良くしたり、伸ばしたりすることで改善を試みるのが最初に行う治療法といえます。

一方で、椎間板などが突出していることで神経が圧迫されて痛みが発生している場合には、その原因となっているものを切除する手術を行うケースもあります。

切除する方法はさまざまですが、いずれにしても神経が通っている近くを手術するためリスクが伴うものになり、神経を傷つけることで下半身への麻痺などの障害が発生する可能性があります。

このため手術を行う場合には明らかに圧迫している原因が特定されない限り行わないのが基本ですし、事前に入念な検査をしてから行うかどうかを決めることになります。

手術そのものは切開して取り除くもののほか、腹腔鏡によって切除するものなどさまざまです。

手術をしたからといってすぐに痛みが治まるわけではなく一定のリハビリ期間が必要です。

椎間板が狭い場合には、基本的には痛みをブロックして姿勢を良くすることが大切とされます。

姿勢を良くすることで脊椎に掛かる負担を軽減することができます。

 

 

<ご質問お問い合わせは下記より>

◆ホームページ◆
https://himawari-seikotsuin.com/

 

◆院長大須賀に相談してみる
http://www.firstchecker.jp/dx/form/1201/

 

メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。
無料メルマガ興味のある方は下記から。

メルマガは、ひまわり通信「幸せは、まず健康から」という件名で届きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S78617244/

 

無料レポート
▶「日常簡単に出来る肩こり予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-katakori

 

▶「日常簡単に出来る腰痛予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-youtuu

関連記事

コメントは利用できません。

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

ページ上部へ戻る