妊娠中に腰痛で歩けないときの対処、治療法

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「妊娠中に腰痛で歩けないときの対処、治療法」

妊娠中は、赤ちゃんがお母さんのお腹にいるため、なかなかうまく歩けないこと、また、しっかりと睡眠がとれないなど、とても妊娠中には辛い想いをしているお母さんがとても多いものです。

特に、腰痛については、うまく歩くことが、本当に難しいほど痛みなどが激しく、なかなか思うように歩けない他、買い物などにも行きづらい、ゴミを出すことも大変、家事をするのもかなりの労力…といったように、とても大変な想いをされながら、頑張っているお母さんがとても多いものです。

このような時には、どのようにすれば、この辛い腰の痛みを治すことが出来るのでしょうか。

腰痛の場合でも、妊娠中などには、決して痛み止めなど、よく生理中に使う痛み止めなどを飲んではいけない!とされています。

これは、お腹の赤ちゃんに影響が出てしまうためであり、このような痛み止めを飲んでしまうと、赤ちゃんに悪い影響が出てしまう可能性が、とても高いためであり、そのためこのような薬関係に関しては、上記のような薬はもちろん、風邪薬なども、お医者さんからの処方で、かなり安全なものでない限には、飲んではいけない、とこのようにされています。

あやまって飲んでしまった場合には、上記のように、赤ちゃんへの影響がとても怖いものであるからです。

そのため、このようなことから、痛み止めを飲むことは、お医者さんの許可などをしっかりともらって、確実に安全だと分かる以外には方法がないのです。

このような時、カイロプラクティックは、効果的であるとされています。

ただ、こちらも、妊娠の時期によっては、行ってならないとされていますが、時期によっては、腰痛を軽減するためのものとして、整骨院などでもオススメしているカイロプラクティックがありますので、このような矯正を受けると、辛い腰痛や、歩けないといったような辛い症状が、改善されると言われています。

また、実際に、カイロプラクティックには、腰痛などを軽減してくれる自然治癒力がある他、神経圧迫を取り除くことによって神経や血液の流れを改善することから、どうしても歩けない、腰が痛い、このような辛いときには、国家資格を持った整骨院でカイロプラクティックによる施術で、体調を見てもらうことも、一つの手となっています。

整骨院の場合には、特に体の体調について、とても詳しく、どの部分が体に不調があるのかがすぐに分かるため、とても心強い存在であると同時に、酷い腰の痛みを改善してくれるプロでもあります。

 

 

<ご質問お問い合わせは下記より>

◆ホームページ◆
https://himawari-seikotsuin.com/

 

◆院長大須賀に相談してみる
http://www.firstchecker.jp/dx/form/1201/

 

メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。
無料メルマガ興味のある方は下記から。

メルマガは、ひまわり通信「幸せは、まず健康から」という件名で届きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S78617244/

 

無料レポート
▶「日常簡単に出来る肩こり予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-katakori

 

▶「日常簡単に出来る腰痛予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-youtuu

関連記事

コメントは利用できません。

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

ページ上部へ戻る