妊娠中の腰痛改善の方法について

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「妊娠中の腰痛改善の方法について」

妊娠中は色々と体の不調などのトラブルが起きることが多いのですが、その中のひとつとしてよく聞かれるのが腰痛です。

しかもお腹が大きくなるにつれて腰痛は悪化しやすい傾向がありますし、場合によってはまだお腹がそんなに大きくない妊娠初期でも痛みを訴えると言う人もいるようです。

ではそもそもなぜ妊娠中は腰痛に悩まされることが多いのかと言うと妊娠初期と後期では原因が異なっており、妊娠初期の場合は出産ホルモンと言われている出産しやすいように体を作り変えるホルモンが骨盤を緩めてしまう効果を持っているためであり、そうすることによって赤ちゃんが狭い骨盤を通りやすくしていると言われています。


ですが最大の原因はそこではなく、緩んでしまった骨盤をお尻の筋肉や腰の筋肉など筋肉だけで無理に支えようとするから結果的に痛みが出てきてしまうと言うわけです。

では妊娠後期はと言うと、後期になるとお腹もだいぶ大きくなっているのでそれを支えるために重心が前にずれてしまいます。

そのせいで姿勢が変化してしまって無理な姿勢になることが多く、骨盤や腰椎などの骨をやはり筋肉だけで支えようとしてしまう結果痛みが出てしまうということになります。

しかも妊娠後期の場合は常に背中を突っ張ったような感じになるので、腰痛だけではなく背中全体が痛いという妊婦さんも少なくないです。

ではこのような痛みは改善することができるのかと言うと、まず根本的に改善することができるのは赤ちゃんを出産した後であり、完全に痛みをとるということは難しいです。

ですが日常生活での動作などを工夫することによってある程度痛みを緩和することはできるようになっていて、ほかにも紹介されていることが多いのがマッサージやストレッチ、エクササイズや骨盤ベルトの使用です。

まず日常生活でできる改善方法としては、重たい荷物を持つときはかがむ時には型膝を床についてゆっくり持ち上げるようにする・普段歩くときも平靴よりも2センチから3センチのヒールを使用する(重心が後ろになるため歩きやすい)などがありますし、冷え性の人は腰の痛みが悪化しやすいのでシャワーだけではなくできる限り半身浴を実施して体を冷やさないようにすると言う工夫が大切です。

そしてマッサージやストレッチ、エクササイズに関しては色々な方法がありますがいずれもマタニティ教室で助産師から指導を受ける事ができますし、一人でも簡単にできるものが多いので気軽に実施することができる改善方法です。

 

 

<ご質問お問い合わせは下記より>

◆ホームページ◆
https://himawari-seikotsuin.com/

 

◆院長大須賀に相談してみる
http://www.firstchecker.jp/dx/form/1201/

 

メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。
無料メルマガ興味のある方は下記から。

メルマガは、ひまわり通信「幸せは、まず健康から」という件名で届きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S78617244/

 

無料レポート
▶「日常簡単に出来る肩こり予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-katakori

 

▶「日常簡単に出来る腰痛予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-youtuu

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

関連記事

コメントは利用できません。

最新の投稿

ページ上部へ戻る