おしりの上が痛い場合には整体やストレッチ

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「おしりの上が痛い場合には整体やストレッチ」

おしりやおしりの上が痛い場合には、坐骨神経痛の可能性があります。

状態によっては、腰からふくらはぎのあたりまで、違和感や痛みなどがでることもあります。

お尻周辺筋肉の痛みやこりの原因は、腰神経の圧迫が原因で起こるといわれています。

そのためお尻がこってしまったり、痛みを生じます。

慢性的な運動不足などの場合や、姿勢が悪いことなどから、関節のバランスが崩れていると、その症状が起こりやすい傾向になります。

対策としては、整体などに通い、腰神経の圧迫を取り除く必要があります。

その結果、痛みやこりがほぐれてして、関節などのバランスを整えてもらうことも有効な手段といえるでしょう。

また、運動不足によるものから、痛みがきているならば、ある程度痛みなどが軽減されてから、予防のために、運動をする習慣を身に付けることも大切です。

痛みがなくなってきたからと、そのまま、何もせずにいると、また同じ症状に悩まされることになります。

原因と考えられるものを改善していくことで、悪化を防いだり、また、同じ症状があらわれないように、予防策をすることも重要なことです。

また、筋肉が凝り固まらないようにするためには、ストレッチやマッサージなどをして、定期的に筋肉をほぐしていくことも大切です。

運動をすることで、筋力がつきますが、筋肉にも疲労がたまってしまうと、それが痛みなどになることもあります。

運動をして、その筋肉を休めることもまた、大切なことです。

ストレッチを行うと、柔軟な筋肉をつくることにもなるので、怪我などしにくい傾向があります。


そのため、自宅でちょっと時間が空いた時などに、ストレッチを行うのもいいでしょう。

また、入浴後は、リラックスしている状態で、心身ともに適度に緊張がほぐれているため、ストレッチやマッサージをするなら、入浴後にすると効果が高まるでしょう。

体に痛みがでたり、極端にこりなどが生じた場合には、そのような状態になる原因が必ずあります。

その原因を探り、把握して改善することで、痛みの悪化を防ぎ、予防につながるでしょう。

痛みが出た場合には、整体やその他の治療などで痛みを取り除くことも大切です。

ですが、それに平行して、生活を見直して、自身で痛みが悪化しないように、生活を工夫して改善していくことで、痛みから回復を早めることになるでしょう。

また、痛みや違和感などを感じた場合にすぐに対処、治療などを行うことで、早期回復につながります。

ちょっとした痛みだからと、放置せずに、すぐに対策や治療を行うようにしましょう。

 

 

<ご質問お問い合わせは下記より>

◆ホームページ◆
https://himawari-seikotsuin.com/

 

◆院長大須賀に相談してみる
http://www.firstchecker.jp/dx/form/1201/

 

メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。
無料メルマガ興味のある方は下記から。

メルマガは、ひまわり通信「幸せは、まず健康から」という件名で届きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S78617244/

 

無料レポート
▶「日常簡単に出来る肩こり予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-katakori

 

▶「日常簡単に出来る腰痛予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-youtuu

関連記事

コメントは利用できません。

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

ページ上部へ戻る