椎間板症の治療と整体の有効性について

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

「椎間板症の治療と整体の有効性について」

背骨のずれを放置したままにしておくと、椎間板は加齢とともに薄くなる

椎間板症は背骨の椎間板が加齢とともに薄くなり、骨の動きが制限される状態のことです。

その動きの際に痛みを伴う場合もあり、椎間板ヘルニアをはじめ椎間板変性、頸椎症、胸椎症、腰椎症もこの椎間板症が悪化した一つの症状となります。

椎間板とは背骨のそれぞれの骨を繋ぐ部分のことです。

人間の体の場合、背骨は24の部分から形成されておりその一つ一つの骨と骨の間に椎間板が挟まるような形で存在しています。

そして骨同士のクッションの役割を果たしていると同時に、背骨を柔軟に動かすためのばねの様な働きをしています。

しかしこの椎間板は加齢とともにその働きが衰えてしまうとともに、その大きさ自体も小さくなってしまいます。


そのため背骨の可動範囲が小さくなることになります。

年齢を重ねると体が硬くなると言われるのは、背骨の可動範囲が小さくなるからなのです。

椎間板症の治療に重要なのは姿勢を正しく保つことと言われています。

しかし、現代社会の中では椅子に座ることが多く、その姿勢は余り椎間板に対して良い姿勢とは言えないものです。

特に背もたれの有る椅子の場合には背もたれに不自然な形で寄りかかる様な姿勢となってしまうことが多く、椎間板に負担を掛けることになるので避けたいものですが、現代社会ではそのようなわけにはなかなか行きません。


又、毎日の生活の中で癖が付き体を斜めにしてしまったり、足を組む際に同じ側の足を組むことが癖になっている場合も、背骨が傾き椎間板を痛めてしまう原因になるのです。


そこで定期的に整体を行い体の姿勢を正していくことが非常に有効となるものなのです。

椎間板ヘルニアは、関節や椎間板が耐えきれなくなった状態です。

椎間板ヘルニアは、椎間板が薄くなりつぶれて脊髄の中心が変形してしまうため、神経がはみ出してしまい痛みを伴う症状を言います。

この椎間板ヘルニアは通常腰の部分に痛みを感じることが多いものですが、その変形の場所によっては背中に痛みを感じたり、若しくは首に近いところに痛みを感じる場合もあります。

その為、椎間板症を発症している部分が移行し椎間板ヘルニアになってしまったり、椎間板変性、頸椎症、胸椎症、腰椎症等を発症してしまうことが多いので、十分に注意することが必要です。

椎間板は加齢とともに衰えてしまうものなので、残念ながらその老化を止めるということはできません。

しかし、その老化を遅らせ、長期間維持させることは可能と言われており、そのためにはいくつかの方法が有ります。

姿勢に気を付けて関節や椎間板にかかる負担を軽減する

その一つは背骨を支える筋肉を維持することです。

人間は加齢とともに筋力が衰えてくるもので有りその為背骨を支える筋力も衰えてしまい、猫背になってしまうことが少なくありません。

猫背は椎間板にとっては良くない姿勢で一部に大きな荷重が加わる状態であるため、椎間板を損傷しやすいといわれています。

そのため椎間板を長く保つためには姿勢を正しくし猫背を治す事であり、猫背を治すには背中の筋力を増強させることが非常に重要になります。

そのため、毎日適度な運動を行うことが非常に重要になります。

もう一つは歪んだ背骨を元に戻すことです。

運動不足で筋力が衰え猫背になった状態や、無理な姿勢で長時間座って仕事を行っている状態を長く継続すると、背骨自体が歪んでしまっている恐れがあります。

その為、間に挟まれた椎間板に偏った力が加わり、変形してしまう状態が長く続いてしまうのです。

このような状態が長く続くとその変形状態から椎間板が元に戻らなくなってしまい、悪い姿勢のまま固定してしまう恐れが出てきます。

この状態が続くと継続的に椎間板に力が加わり、やがては破損してしまうという結果になるため歪んだ背骨を整体で修正することは大きな意味を持っているのです。

椎間板症の治療に整体を利用した場合、今まで感じていた痛みが嘘のように収まる場合があります。

これは整体により背骨の状態が正常な状態に戻されたため椎間板に余計な負荷がかからなくなり、結果として痛みの原因が収まったからなのです。

椎間板症を治療するためにはこのように整体も有効な手段の一つですが、これだけでは一度治ってもまた再発する可能性が高いものです。

その理由は根本的な解決方法にはなっていないからです。

整体は一時的に骨の歪みを修整しますが、その歪みは本来の姿勢を直さないと徐々に再発してしまうため、基本的には椎間板を長持ちさせ、負担を掛けない様な日常生活を送ることが重要なことになります。

一つは、重い物を持つ時の姿勢です。

多くの人は腰を落とさずに背中を丸くして持ち上げようとしますが、これでは椎間板に大きな負荷を与えてしまいます。

理想的な姿勢はきっちりと腰を落とし、背中を丸めずに持ち上げることで背骨を傷めずに済みます。

また、体をかがめたままの姿勢や腰を曲げたままの姿勢は極力避け、正しい姿勢を維持するように努めることが重要です。

又、定期的に体を動かし筋力を鍛えるとともに、椎間板を正しい位置の状態にすることが、大切な治療法となります。

 

 


<ご質問お問い合わせは下記より>

◆ホームページ◆
https://himawari-seikotsuin.com/

 

◆院長大須賀に相談してみる
http://www.firstchecker.jp/dx/form/1201/

 

メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。
無料メルマガ興味のある方は下記から。

メルマガは、ひまわり通信「幸せは、まず健康から」という件名で届きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S78617244/

 

無料レポート
▶「日常簡単に出来る肩こり予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-katakori

 

▶「日常簡単に出来る腰痛予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-youtuu

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

関連記事

コメントは利用できません。

最新の投稿

ページ上部へ戻る