「痛くて歩けなかったのが、今は快調に歩ける様になりました」脊柱管狭窄症による坐骨神経痛/葛飾区亀有在住/口コミ 評判《金町/青戸/松戸/葛飾区/足立区》

実際に亀有ひまわり整骨院のカイロプラクティック治療を受けて良くなった患者さんの喜びの声です。

●【脊柱管狭窄症による坐骨神経痛】が改善された患者さん(葛飾区亀有在住、柴田豊博様、75代、男性)

 

「痛くて歩けなかったのが、今は快調に歩けるようになりました。」 

 

院長 大須賀からのアドバイス

柴田様の場合、主にお尻、太もも及びすね外側の痛み、しびれの原因は日常生活や仕事、長年運動をしてきた負担(特にトライアスロン)の姿勢からくる仙骨底後方変位と腰椎5番のズレによる神経圧迫の痛みでした。

問診、視診、レントゲン写真、ナーボスコープ検査と触診の結果、レントゲンでは、仙骨Bace-P変位、腰椎5番のずれ、腰椎5番の椎体が圧迫をうけていました。

 
この痛みを改善するには施術として仙骨Bace-P変位、腰椎5番のずれ、アトラスの矯正を行いました。
 
また初期に集中して治療を行わないと症状がしっかり取りきれないので、治療間隔、生活習慣の改善、姿勢の指導を行いました。
 
1ヶ月の初期集中治療として、初めは週に5回、その後週3回を4週間、1週間に1回と治療間隔をあけていきました。

今回症状の変化は、治療後約10日程でお尻の痛みは完全になくなり、脚の痛みは初回時痛みやしびれの度合いを10段階にすると1程度になっていました。

 
約2週間経過後、水泳を再開するようにしました。
 
治療後3週間で痛みとしびれはなくなりました。
 
今は、海外に永住し、海のあるところで毎日を満喫しているそうです。
 
voice122.jpg
 
痛くて歩けなかったのが、今は快調に歩ける様になり、海外へも出かけられる様になりました。
ありがとうございました。