脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症で下記のような悩みを抱えていませんか?

  • 立っていると2、3分で腰から脚が痛くなる
  • お尻から太もも裏・外側~ふくらはぎ、すねの外側、足の裏などに痛みやしびれがある
  • 脊椎管狭窄症と診断され坐骨神経痛が出ている
  • 術した場合かえって悪くなる可能性があるのでやめた方がいいと言われた
  • 歩くと腰から脚が痛くなる

そういう中で、総合病院や整形外科へ行ってみたものの

  • MRI、レントゲンを撮ってもらったが骨に異常はありません
  • MRI、レントゲンで悪いところはわかったものの治療法がない
  • ブロック注射、痛み止めの効果がない

と言われ、根本的な改善策がないまま、様々な治療を試したものの、一向に改善されない場合、背骨(腰椎)・骨盤のズレやゆがみが原因である可能性が高いと思われます。

このような場合は、マッサージなどで筋肉をほぐしたり、腰を牽引器で引っぱるのが一般的な治療ですが、これは対処療法に過ぎません。

なぜなら背骨がズレているまま筋肉をほぐしても一時的にゆるむだけで、しばらくすると背骨がゆがんでいる場所で筋肉の圧迫が起こり、また同じ場所が痛み出してしまうからです。

背骨のズレ、ゆがみを放っておくと、このようなことになってしまう可能性が高くなります。

椎間板の水分が徐々に失われ、厚みが少なくなり関節が不安定になるために変形が起きます。

そして体に急激な力が加わると軟骨が変形し、痛みやしびれを引き起こします。

だから治りが遅くなって手遅れになってしまいます。

脊柱管狭窄症でお悩みの方、一日でも早く改善されたい方は、背骨のズレ・ゆがみ矯正専門の当院にお越しください。

当院は、カイロプラクティックで背骨のズレや体の歪みを矯正し、あなたの脊柱管狭窄症の悩みの根本的な解決に当たります。

※カイロプラクティック治療とは背骨のズレによる神経圧迫を矯正により取り除き、先天性治癒力を100%にすることにより病気を自らの力で治していくことです。

当院の脊柱管狭窄症治療はここが違う

手術をしなくて良くなった脊柱管狭窄症の患者さん

  • まずカイロプラクティック治療による矯正によって背骨・骨盤のズレ、ゆがみの状態を正常な位置に整えることからはじめます
  • 背骨(腰椎)・骨盤のズレ、ゆがみを矯正し治すことで、神経の圧迫する場所をなくし、痛みの出にくい身体を作っていきます
  • 施術は、カイロプラクティック治療でソフトな矯正から高度な矯正のガンステッド・テクニックであらゆる症状に対応致します
  • レントゲン分析で、骨の異常、奇形、椎間板の状態を調べ、より精度の高い治療を致します
  • 大須賀式坐骨神経痛改善法は、カイロプラクティックの考え方を取り入れ、筋肉だけでなく関節の間を広げ椎間板に対する負荷を大きく減らし、体の根本的な部分から坐骨神経痛を改善していくというものです。

※ガンステッド・テクニックの施術

背骨のレントゲン写真を撮り、独自の線引きを使って関節の角度、椎骨後方へのズレなどを特定します。
ナーブスコープといわれる検査器具を使って、神経圧迫の可能性のある部位を探し、触診や関節の動的な可動域テストを行ってからレントゲンで確認をして最終的な原因部分を特定します。

部位によって効果的な矯正のための各種テーブルがあり、特定した原因部分(サブラクセーション)をピンポイントでアジャスト(矯正)します。

背骨の椎骨が神経を圧迫していると、マッサージ、ハリ、ブロック注射は、対処療法で神経の圧迫が取れません。

そういう中でカイロプラクティックは、原因とされる椎骨を手技による矯正によって正常な位置に戻すことで神経の圧迫が解放され、痛みやしびれを取り除く根本的治療になります。

つまりカイロプラクティックを受けることにより、あなたの背骨が安定し、日常生活の動きや負担に耐えられるようになり、痛みやしびれが改善され、再発しづらい体になります。

葛飾区 亀有 坐骨神経痛 足立区

脊柱管狭窄症が改善された患者さんの喜びの声

櫻井 省一1.jpg

「カイロプラクティックは、先生のような方に出会えれば素晴らしい効果があると実感しました。」 

●症状 脊柱管狭窄症による坐骨神経痛 文京区在住  櫻井 省一様 60代男性

突然朝右脚の外側に激痛が走り、だんだんと痛みは増すばかり、朝起きて右足をつくのさえしんどい状況でした。

整形外科へ行き、脊柱管狭窄症からくる座骨神経痛との診断で大量の薬と湿布薬を処方されましが、痛み止めの服用薬も湿布薬も殆ど効かず困ってしまいした。

日々の歩行にも苦労するようになってきて、また整形外科へ行っても話を聞いて、薬を処方されるのみ。何とか日常生活ができるようにと携帯で情報を調べて当院を知りました。

初めの受診で「日常生活に支障のないように治療するのに1ヶ月を目安にしてください」と言われ希望がわきました。

はじめは週2回、その後週1回通いました。

先生の言われた通り3週目ころから痛みがどんどん軽減して歩くことが辛くなくなってきました。

2ヶ月をすぎる頃、痛みは殆どなくなり、時々しびれが出るくらいになりました。

そして2週間に1回、1ヶ月に1回と順調に回復し、日常生活に支障がないどころか走ることもできるようになりました。

結局整形外科では、薬による対症療法かブロック麻酔法はリスクを伴う手術くらいしか手段がないということらしく大変です。

先生にカイロの手技により治療をして頂きここまで回復できたことに感謝の気持ちで一杯です。

副作用やリスクもない、カイロプラクティックは先生のような方に出会えれば素晴らしい効果があると実感しました。ありがとうございました。

当院にどのような改善を期待してどのような目的で来院されましたか?

  • 自分の症状をしっかり見てもらって治療をしていただきたい
  • 完治できることを期待して来ました
  • 根本治療を希望

院長 大須賀からのアドバイス

櫻井様の場合、脊柱管狭窄症による坐骨神経痛の原因は日常生活や仕事の姿勢からくる腰椎のズレによる神経圧迫の痛みでした。

この痛みを改善するには施術として腰椎の矯正、関節を広げる施術を行いました。

また初期に集中して治療を行わないと症状がしっかり取りきれないので、治療間隔、生活習慣の改善、姿勢の指導、そして症状の改善度に合わせて自宅でできる腰痛や坐骨神経痛に効果的なストレッチ方法の指導を行いました。

これで初めの1ヶ月間は2回、その週1回約2ヶ月程で改善に向かいました。

下記画像をクリックすると拡大してご覧頂けます。

voice65_1s-.jpg

「歩けるようになって、感謝の気持ちでいっぱいです。」 

●症状 脊柱管狭窄症による坐骨神経痛 葛飾区亀有在住  笹本 博様 70代男性

笹本様 - コピー

Q1︓当院を知る前に、どんなことで悩んでいましたか︖
( 気になっていたこと、解決したかったことなど)

内科には通院してましたが、身体はどこも痛いところはありませんでした。とつぜん歩けなくなったのでショックでした。

Q2︓何がキッカケで当院を知りましたか︖( 紹介、チラシ、ホームページ、◯◯で検索など)

ホームページ。

Q3︓当院を知ってから、すぐに来院しましたか︖すぐに来院しなかった場合、
   原因や理由をお聞かせください。

はい

Q4︓何が決め⼿となって来院しましたか︖( 価格、評判、実績、雰囲気など、できるだけ具体的に)
 

インターネットを見てあるけなくなったのできました。

Q5︓実際に利⽤された、率直な感想をお聞かせください

約2ヶ月かよってあるけるようになったので感謝の気持ちでいっぱいです。

当院にどのような改善を期待してどのような目的で来院されましたか?
●歩けるようにしたい
●腰、お尻、すねの痛みとしびれを取りたい

院長 大須賀からのアドバイス

笹本様の場合、腰痛、坐骨神経痛の原因は腰椎のズレによる神経圧迫の痛みでした。

この痛みを改善するには施術として腰椎の矯正を行いました。1回目の矯正にてかなり関節の可動性(関節が動く)が見られたので翌日には痛みが大分緩和されました。

また初期に集中して治療を行わないと症状がしっかり取りきれないので、治療間隔、生活習慣の改善、姿勢の指導を行いました。

これで約2週間毎日、その後3、4日に1回来院、2ヶ月程で改善に向かいました。

トレンデレンブルグ症状陽性にてお尻の筋肉がかなり萎縮していましたので間隔をつめた集中治療が大切な症例でした。

下記画像をクリックすると拡大してご覧頂けます。

「2、3回で嫌な痛みがとれました。」 

●症状 脊柱管狭窄症による坐骨神経痛 江戸川区在住  喜多 ヒサ様 80代女性

以前から右足のしびれと違和感があり、一度右足が上がらなく知人の行きつけの整骨院へ行きよくなりましたが、かすかのしびれと違和感が気になっていて、別のクリニックで2年前レントゲンをとって坐骨神経痛といわれ薬を2ヶ月飲みましたが変化がないのでやめました。

昨年10月急に痛みがきてこわくなり、インターネットでひまわりさんを知りました。

2、3回で嫌な痛みがとれ、こちらで最後まで治して欲しいと思いました。

当院にどのような改善を期待してどのような目的で来院されましたか?
●痛み、しびれがひどくならないようにしたい

院長 大須賀からのアドバイス

喜多様の場合、坐骨神経痛の原因は日常生活や仕事の姿勢からくる頚椎及び腰椎のズレによる神経圧迫の痛みでした。

この痛みを改善するには施術として頚椎と腰椎の矯正を行いました。

1回目の矯正にてかなり関節の可動性(関節が動く)が見られたので1週間後には痛みが大分緩和されました。

また初期に集中して治療を行わないと症状がしっかり取りきれないので、治療間隔、生活習慣の改善、姿勢の指導を行いました。また初期に集中して治療を行わないと症状がしっかり取りきれないので、治療間隔、生活習慣の改善、姿勢の指導を行いました。

これで初めの2週間は週2回、その後週1回、約1ヶ月程で改善に向かいました。

下記画像をクリックすると拡大してご覧頂けます。

「2度目頃より非常にうその様に回復して現在4回目でほぼ普通の動作が自由に出来る様になりました。」 

●症状 脊柱管狭窄症による坐骨神経痛 膝の痛み 変形性膝関節症 千葉県柏市在住 河村 タカエ様 70代女性

左膝の、お尻、ももが1ヶ月間、夜寝てる間ずくずくと痛んで、睡眠が取れず涙の出る程苦しみました。

ひまわりさんに診察して頂き2度目頃より非常にうその様に回復して現在4回目でほぼ普通の動作が自由に出来る様になりました。ありがとうございました。

当院にどのような改善を期待してどのような目的で来院されましたか?
●脚が上がらない、階段が上れないので良くしたい
●夜寝れない、布団に入って10分くらいで痛くなるので寝られるようにしたい

院長 大須賀からのアドバイス

河村様の場合、坐骨神経痛の原因は日常生活の姿勢からくる腰椎のズレによる神経圧迫の痛みでした。

この痛みを改善するには施術として腰椎の矯正を行いました。

同時に膝の痛みの原因である骨盤の矯正と膝の半月軟骨の弛緩施術も行いました。

1回目の矯正にてかなり脚が上がるようになり痛みが大分緩和されました。

また初期に集中して治療を行わないと症状がしっかり取りきれないので、治療間隔、生活習慣の改善、姿勢の指導を行いました。

当院まで通うのにかなり時間がかかるので始めは週1回必ず通院するように指示しました。週1回、約3週間程で改善に向かいました。

 

下記画像をクリックすると拡大してご覧頂けます。

「治療を受けてお正月には全然痛みも出ずうれしくなりました。2ヶ月位でこんなに良くなったのは始めてです。」 

●症状 脊柱管狭窄症による坐骨神経痛 千葉県松戸市在住 小野寺 佐和子様 70代女性

去年までいろいろな整骨院、病院等に通い4年位過ぎました。時々は良い状態ではありますがなかなか痛みがとれませんでした。

足のしびれは歩き方が悪い靴が合わないと言われて靴等注文して履いたりしましたが中々良くならずこちらをインターネットで知り見ていただきましたら足のしびれは腰からですと言われ12月頃より治療を受けてお正月には全然痛みも出ずうれしくなりました。

2ヶ月位でこんなに良くなったのは始めてです。

ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

当院にどのような改善を期待してどのような目的で来院されましたか?
●腰痛と坐骨神経痛をなくしたい
●痛みを取って歩けるようにしたい

院長 大須賀からのアドバイス

小野寺様の場合、腰痛、坐骨神経痛の原因は日常生活や仕事の姿勢からくる腰椎のズレによる神経圧迫の痛みでした。

この痛みを改善するには施術として腰椎の矯正を行いました。

3回目の矯正にてより深く矯正され、これでかなり関節の可動性(関節が動く)が見られたので1週間後には痛みが大分緩和されました。

また初期に集中して治療を行わないと症状がしっかり取りきれないので、治療間隔、生活習慣の改善、姿勢の指導、そして症状の改善度に合わせて自宅でできる腰痛や坐骨神経痛に効果的なストレッチ方法の指導を行いました。

これで初めの3週間は週2回、翌週から週1回約1ヶ月半程で改善に向かいました。

下記画像をクリックすると拡大してご覧頂けます。

 

脊柱管狭窄症を改善するためには?(当院の施術の流れ)

問診 現在の症状、既往歴などを詳しくお聞き致します。

視診  姿勢、背骨・骨格のゆがみ、脊椎検査を行います。

触診 筋肉の状態、脊椎の可動性(骨の動きが正常か異常かを)調べます。

施術 カイロプラクティック(背骨のズレ、ゆがみを整え、神経圧迫を取り除き痛みやしびれを改善します)

 

脊柱管狭窄症が気になりだしたら、下記へお電話にてご予約下さい。
相談するタイミングが早ければ、脊柱管狭窄症を一日も早く改善し
健康な体を取り戻すことができます。