テニス肘、ゴルフ肘に悩まされている方、下記のようなことで思い当たる点はありませんか?

  • テニス肘がなかなか治らない
  • ゴルフ肘がなかなか治らない
  • 肘の外側、内側が痛い
  • 雑巾を絞るとき、肘に痛みがある
  • 肘の痛み(テニス肘、ゴルフ肘)で湿布しているが良くならない
  • 肘の痛み(テニス肘、ゴルフ肘)で就寝時に目が覚めてしまう

そういう中で、総合病院や整形外科へ行って見たものの

  • MRI、レントゲンを撮ってもらったが骨に異常はありません
  • MRI、レントゲンで悪いところはわかったものの治療法がない
  • 痛み止めの効果がない

そういう中で根本的な改善策がないまま、様々な治療を試したものの、一向に改善されない場合、肘のズレ、腱炎が原因である可能性が高いと思われます。

このような場合は、痛み止めの薬や注射で様子をみるのが一般的な治療ですが、これは対処療法に過ぎません。肘のズレ、腱炎を放っておくと、このようなことになってしまう可能性が高くなります。

なぜなら肘がズレたり、腱炎があるまま筋肉をほぐしても骨盤自体を矯正しないとゆがみが改善しないからです。

上腕骨上顆及び内顆周辺にかかわる骨膜、関節、腱や筋肉などの軟部組織に、繰り返し行われる動作による負担や使いすぎを制限し、治療方法を見直さないと痛みは改善しません。

だから治りが遅くなり、いつまでたっても良くなりません。

スポーツ障害でお悩みの方、一日でも早く改善されたい方は、背骨のズレ・ゆがみ矯正専門の当院にお越しください。

当院は、カイロプラクティックで背骨のズレや体の歪みを矯正し、あなたの悩みの根本的な解決に当たります。

※カイロプラクティック治療とは背骨のズレによる神経圧迫を矯正により取り除き、先天性治癒力を100%にすることにより病気を自らの力で治していくことです。

当院のテニス肘、ゴルフ肘治療はここが違う

  • まずカイロプラクティック治療による矯正によって肘関節の矯正、関節の可動域を正常な位置に整えることからはじめます
  • 骨格(脊椎矯正、骨盤矯正及び四肢の矯正)を重点に置き、関節可動域をしっかり保つ事と疲労した腱、筋肉の炎症を取り除いていきます

患者さんの声はこちら>>

当院のスポーツ障害の事例について

野球

野球肩 野球肘 投球障害 シンスプリント 腰痛 ヘルニア 分離症 すべり症 インピンジメント

バレーボール

肩の痛み  ジャンパー膝 足関節捻挫 シンスプリント 足底筋膜炎 指の骨折 指の脱臼 肉離れ インピンジメント

バスケットボール

ジャンパー膝 足関節捻挫 シンスプリント 足底筋膜炎 指の骨折 指の脱臼 肉離れ インピンジメント

ソフトボール

野球肩 野球肘 投球障害 シンスプリント 腰痛 ヘルニア 分離症 すべり症 インピンジメント

サッカー

足関節捻挫 半月板損傷 靱帯損傷 打撲 肉離れ

ラクビー

骨折 肩の脱臼 捻挫 打撲 肉離れ 十字靱帯損傷 側副靱帯損傷 半月板損傷

テニス

テニス肘 肩関節炎 インピンジメント シンスプリント 腰痛

陸上

腸徑靱帯炎 足底筋膜炎 シンスプリント アキレス腱炎 後脛骨筋腱炎 腰痛 股関節痛

柔道

骨折 脱臼 捻挫 打撲 肉離れ 十字靱帯損傷 側副靱帯損傷 半月板損傷 腰痛 分離症 すべり症

スポーツ障害についてのQ&A

スポーツ障害を改善するためには

Q:野球肩の痛みの効果的な治療はあるか

A:マッサージだけでは改善されない骨格(脊椎矯正、骨盤矯正及び四肢の矯正)矯正により、関節可動域を広げて痛みを軽減していく治療です。

Q:ランニング障害によるケアは?

A:ランニング前の準備体操、ストレッチ、アップはもちろんのことですが、ランニング後のダウン、体操、ストレッチ、アイシングをしっかり行うことが大事です。

Q:テニス肘の予防法は?

A:テニス肘用バンド、テーピングにて保護することが必要です。

日常生活で気を付けることについてはこちら>>

スポーツ障害の痛みが気になりだしたら、下記へお電話にてご予約下さい。
相談するタイミングが早ければ、スポーツ障害の痛みを一日も早く改善し健康な体を取り戻すことができます。