膝の痛み

膝の痛みでこのようなお悩みありませんか?

「膝の内側が痛く、歩くと痛い」

「膝が痛くて、長時間歩けない」

「毎朝起きる時、膝が痛い」

「水を抜いても、また水が溜まってしまう」

「膝を曲げたり、伸ばしたりできない」

「正座ができない」

膝の痛みは、年齢問わず経験するかもしれない腰痛、肩こりに次ぐ疾患です。

痛みも内側、外側、裏側、膝蓋骨(膝のお皿と言われるところ)、膝蓋骨周辺と様々なところに痛みがでます。

そして痛みの箇所によって特有な症状があります。

膝の痛みは、年齢、日常生活、スポーツなどから原因及び対処法及び治療方法がそれぞれ異なることから、それぞれ一人一人に合わせた治療法を考えなくてはなりません。

当院でも膝の痛みで長年悩んであちらこちらで治療したが、中々良くならず来院するケースも少なくありません。

単に膝が痛いからと言って、漠然と膝だけを治療するだけでは、最終的に膝の痛みを解決することにはなりません。

そう言った観点から当院は骨格を専門とする整体治療院です。

全身のレントゲン写真及び膝のレントゲン写真により科学的に分析し、特殊治療を中心で膝の痛みでお悩みの解決に当たります。

これからは、書籍やインターネット情報ではわからない、臨床から得た膝の痛みに関する解説になります。

膝の内側の痛みで、様々なスポーツ競技のけがで悩んでいる選手や、自力歩行でお困りの高齢の方やその家族の方などにも、是非参考にしていただければと願います。

是非最後までお読みください。

膝が痛くなった時、まずどこが痛いのか?痛い部位別に分けてご説明していきます。