亀有の病院、整形外科に腰痛で通院しても痛みが改善しない方

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「亀有の病院、整形外科に腰痛で通院しても痛みが改善しない方」

姿勢の悪さを改善しないと、体の血流が悪くなってしまい、腰痛などの原因になってしまいます。

現代は仕事を持たれている女性が増えており、長時間のデスクワークや立ち仕事をしたり、お子様の世話で抱っこやおんぶをしていると、腰に負担が掛かってしまいます。

男性も肉体労働をしている人が多いですし、営業などで歩きまわる仕事をしていると、腰に負担が掛かってしまいます。

慢性的な腰痛で悩んでいる人は、放置をせずに亀有 腰痛の整形外科の病院と提携している整骨院に通院をしてみると良いでしょう。

亀有のお住まいの方で腰痛、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの病気が疑われる場合は、整骨院と提携している病院、整形外科で、レントゲン写真、MRIやCTなどの最新の医療機器を搭載してくるので、精密検査を受けることで状態をしっかり確認してくれます。

精密検査を行っても、特に原因がわからない場合は、内服薬や貼り薬を処方してくれるので、しばらくの間は続けてみると良いでしょう。

内服薬や貼り薬を使用していても、整骨院で投薬と並行して治療が進められます。

亀有のお住まいの方で腰痛の場合、整形外科では、作業療法士や理学療法士が在籍をしているところもありますが、運動療法の指導を行ったり、温熱療法や電気療法による治療なのでなかなか症状が進行すると改善されません。

家事などで、中腰の姿勢を取るのが辛いと感じている人は、しばらくの間は治療に専念することが大切です。

病院では、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの病気は、投薬や注射による治療が中心になってきますが、症状が悪化すると、手術が必要になる場合があります。

亀有のお住まいの方で腰痛の場合、整形外科、病院では、投薬での経過観察でひどくなったときは最終的に手術という選択肢になります。

このようにならないためにも痛みが少なく体に負担の少ない保存療法手術をを受けることで辛い症状が改善しやすくなります。

普段の生活では、重い荷物を持たないようにしたり、過度なストレスを溜めないようにして、充分な休息や睡眠を心掛ける必要があります。

体が冷えると痛みが悪化することが多いので、普段の生活では、ゆるめのお湯でゆっくりと半身浴をしたり、保温性の高い衣類を着用する必要があります。

腰痛の持病を持たれている人は、男女を問わず増えていますが、一人一人の状態が違っているので、亀有 腰痛の整形外科、病院以外でも、整骨院では体の調子に合わせた治療を受けられるので、安心して通院ができます。

現代は20代の若い年代の人も、カイロプラクティックによる治療を受けています。

 

92be1b5f3328090473a4eea01718aebe_s.jpg

 

<ご質問お問い合わせは下記より>

◆ホームページ◆
https://himawari-seikotsuin.com/

 

◆院長大須賀に相談してみる
http://www.firstchecker.jp/dx/form/1201/
 

メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。
無料メルマガ興味のある方は下記から。

メルマガは、ひまわり通信「幸せは、まず健康から」という件名で届きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S78617244/

 

無料レポート
▶「日常簡単に出来る肩こり予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-katakori

 

▶「日常簡単に出来る腰痛予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-youtuu

 

関連記事

コメントは利用できません。

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

ページ上部へ戻る