骨盤矯正によい椅子と座り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

「骨盤矯正によい椅子と座り方」

骨盤が歪んでいる方、特に産後の女性にとっては骨盤を歪ませないためには普段からの座り方も気を付けなければなりません。

特にデスクワークの方は、仕事中ずっとイスに座っていなければいけません。

一日の大半を占めている仕事の時間に悪い座り方をしていると骨盤が歪みやすく腰痛の原因になってしまいます。

そのためには、普段から正しい姿勢、骨盤が正しく維持できる座り方を心がけることが大切です。

そこで、今回は骨盤矯正によい椅子の紹介と座り方をお伝えしたいと思います。

骨盤矯正に効果的な座り方

骨盤矯正に効果的な座り方をお伝えする前にまず骨盤にとって悪い姿勢を理解することが必要です。

長時間座っていて骨盤に悪い姿勢というのは骨盤が後傾(後ろに寝てしまっている)の状態で長時間座っていると骨盤が歪みやすくなります。

骨盤が後傾に歪んでしまうと腰の筋肉がずっと引っ張られた状態になってしまうことにより腰痛が生じてしまいます。

そうならないためにも骨盤によい姿勢を理解する必要があります。

骨盤の正しい姿勢とは、横から骨盤をイメージすると「骨盤が立っている」姿勢です。

つまりこの骨盤が立っている状態が「骨盤が正しい位置にある」とも言えます。

骨盤矯正に効果的な座り方とは「骨盤が立っている」姿勢を維持することが重要なポイントです。

この骨盤が立って正しい位置にあるために必要なことが3つあります。

椅子にしっかりと深く座る

中途半端に姿勢を良くしようと浅く座ってしまうとイスとお尻の間にスペースが空いてしまい、時間が経つとかえって、骨盤が後傾してしまいます。

そうならないためにも、座り始めにお尻を座面の一番後ろまで引いてから、少し前かがみになると骨盤がしっかりと立った状態になるので意識してみることです。

座る時に坐骨の位置を意識する

座っている時、多くの方がどちらかのお尻に傾き、負担がかかりやすくなっています。

座った時に坐骨が当たっている位置が、骨盤が立っている状態になります。

上半身を前後左右に傾けて坐骨が座面に当たっている位置を探しその場所で座るように意識してみて下さい。

左右の方と膝の位置を合わせる

長時間座っていると脚を組んだり、左右どちらかに身体を傾けたりと真っ直ぐに座っていない方も多いのではないでしょうか?

肩と骨盤が左右水平になっている姿勢を意識して保つことで、身体にかかる負担を減らし、理想的なよい姿勢に近づくことが出来ます。

車用骨盤矯正の椅子

車を長時間運転するのは、腰にとって非常に負担がかかります。

特に長距離運転を普段からされる方は、運転する時間が長いため骨盤が後傾した姿勢になりがちです。

そういう姿勢にならないためにも、長時間の運転で腰への負担を減らすため、車用骨盤矯正の椅子を使うのも一つの手段です。

さてここでは車用で使用できる骨盤矯正の椅子をご紹介します。

IKSTAR ヘルスケア座布団 低反発クッション

こちらのクッションは、お尻にしっかりとフィットし無理なく正しい姿勢をキープしやすく、また通気性、耐久性ともに優れているので長時間運転される方にとってはもってこいの商品です。

ツカモトエイム エアリーシェイプ スタイルクッション

こちらは、先程のクッションと違い座椅子のようなクッションで、エアーバッグが内蔵されておりご自身の好みに合わせて空気を調節することで自分に合った椅子を作ることが出来ます。

またエアーバッグが身体に合わせて変形してくれるので、よい姿勢をキープでき骨盤を矯正することが出来ます。

骨盤サポートチェア(アスリート)

MTG 骨盤サポートチェア Style Athlete

こちらの商品は、骨盤サポートチェアの中でもオリンピック体操金メダリストの米田選手と元フィギアスケートの村主選手が共同開発した正しい姿勢を記憶する体幹ポジショニングシートになります。

カイロプラクティックの理念に基づいた設計をされており、骨盤を安定させるための骨盤の「腸骨」を支え、背骨のS字カーブを作るための「腰椎」を支えることで正しい姿勢をサポートします。

ニトリで販売している椅子

ニトリにも何個か骨盤矯正クッションや椅子があるので紹介したいと思います。

姿勢サポートクッション 座面フィット

こちらはクッションタイプのものでお尻のところがフィットし固さも程よく、なんといっても925円で買えます。

座面として使うものになりますが腰当てとして使っても使い心地がいいです。

姿勢サポートクッション 背もたれメッシュ

こちらは先ほどの座面タイプとは異なり座椅子のタイプのクッションになります。

今までご紹介した座椅子タイプを使用した場合は、少し物足りないかと思いますが、値段も5000円程度なので一度店頭で試してから使用感が良ければ購入してみて下さい!

まとめ

ここまで骨盤矯正によい椅子についてお伝えしましたが、まずは骨盤矯正によい椅子と座り方を知る前にどのような姿勢が正しい姿勢なのかを理解することが大切です。

そのうえで長時間のデスクワークや車の運転の際に、補助的な役割として骨盤矯正用の椅子やクッションを選んで頂ければと思います。

このようなことからも「骨盤が立っている正しい姿勢」を意識して、自分に合った骨盤矯正用の椅子やクッションを活用してみて下さいね!

 

興味のある方は、下記から無料登録ください。

毎月お得な情報及びメルマガをお届けしています。

 

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

最新の投稿

ページ上部へ戻る