原因不明の激痛な腰痛が突然起きた時の病院のかかり方と治療及び改善方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

「原因不明の激痛な腰痛が突然起きた時の病院のかかり方と治療及び改善方法」

全国民の4人に1人は、腰痛に悩まされていると言われています。

国民的病気とも言える腰痛ですが、そのうち背骨や神経などに原因が認められる腰痛は全体の約15%程度です。

残りの85%の腰痛は、レントゲンやMRI等にも異常がなく、原因不明の腰痛というデータが出ています。

なぜこんなにも原因不明の腰痛が多いのか、治らないのかなども含めて、原因不明の腰痛のかかり方と改善方法についてお伝えします。

もし突然原因不明の激痛な腰痛になったら

突然原因不明の激痛な腰痛で一番多いのが、皆さんもよくご存じのぎっくり腰です。

皆さんぎっくり腰は一回の衝撃やきっかけでなってしまうと思っている方が非常に多いですが、実はぎっくり腰になった時の行動や動作はきっかけに過ぎず、その多くは日々関節や椎間板にかかる負担と疲れの慢性的な蓄積にあります。

その負担と疲労の蓄積がもう我慢できない状態の時に何かしらの動きや行動をきっかけにぎっくり腰として発症してしまうのです。

ぎっくり腰の次に多いのが、椎間板ヘルニアです。

ぎっくり腰は腰や骨盤周りが急に痛みますが、椎間板ヘルニアの場合は特に多いのがお尻から脚にかけて生じる痛みです。

これら以外に原因不明の激痛な腰痛で多いのが腎結石です。

腎結石の場合は、右の腰に痛みがある場合は右の腎結石、左の腰に痛みがある場合は左の腎結石が原因で起こります。

腎結石の場合は、ぎっくり腰のように症状が酷い方は立っているのも辛くなるほどの激痛です。

ぎっくり腰との鑑別方法としては、左右の腎臓の部分を叩いた際に痛みが生じるか、また安静にしていても痛みが生じるかというところです。

一方、ぎっくり腰の場合では、この部分を叩いても痛みが誘発されることはほとんどありません。

このような時には病院の何科にかかればいいの

ぎっくり腰は整骨院でも治りますが、激痛な腰痛でシビレが強い場合や、身体を動かすのも辛い場合には、まず整形外科を受診することをオススメします。

腰痛の神経症状は、主に中枢で神経障害が起きている状態と末梢で神経症状が起きている場合とがあり、中枢で神経を強く圧迫している場合は整骨院や整体などの手技療法だけでは改善が難しいと思われます。

その場合は、整形外科を受診し、しっかりと鎮痛剤などの薬物療法で炎症を抑える必要があります。

症状があまりにもひどい時は、手術になる

こともあります。

腎結石の疑いで病院の診療科を考えた場合は、泌尿器科になります。

ぎっくり腰なのか、腎結石なのかご自身で判断するのはなかなか難しいので、こういった時は、まず整形外科を受診してみることです。

どちらなのかしっかりと判断をしてもらい、腎結石の診断であれば泌尿器科を受診しましょう!

高校生で原因不明な腰痛とは

高校生の年齢で起こる原因不明な腰痛で多いのは『腰椎分離症』という病気です。

腰椎分離症は、過度のスポーツや度重なる腰の回旋などの負担によって、腰の骨に疲労骨折を起こしてしまう病気です。

疲労骨折なので徐々に骨に負担がかかって起こるのですが、その疲労の蓄積により骨にヒビが入ってしまった際には急な激痛の腰痛になることもあります。

また20~30代に特に多いのですが、10代でも椎間板ヘルニアになることもあり、この場合も急な激痛で発症することが多いです。

原因不明の腰痛改善方法

原因不明な腰痛で最も多いぎっくり腰は整骨院でも改善することが可能です。

しっかりと身体を評価してもらい、どこが原因でぎっくり腰になってしまっているのかを判断してもらった上で治療してもらえば、1日治療しただけでも歩くのも辛いぎっくり腰が歩いて帰れるぐらい改善することもあります。

ですが、注意してもらいたいのが単純に何も考えずに痛い所をマッサージしてしまうことです。

ぎっくり腰の多くは、腰の深部で炎症が起きているので、マッサージをしてしまうと症状がかえって悪化してしまうことがあるので要注意です。

ぎっくり腰もヘルニアも整形外科を受診した場合は、まずは鎮痛剤などの薬物療法やコルセットを処方されます。

また椎間板ヘルニアなどで急激な腰痛の場合はブロック注射をすることもあります。

腎結石の改善方法は、一般的には4㎜以下の結石は自然に尿と一緒に排出されるので、排出を促す薬物量法やしっかりと一日1.5ℓ~2ℓの水分を摂ることが改善するためには必要になります。

原因不明の腰痛治療方法

ぎっくり腰の疲労の蓄積の原因は人によって様々ですが、実際に私が治療してきた中で原因となっていることが多かったのが、椎間板が狭くなっている場合や長年椎間板に負担がかかっていた場合です。

長時間の立ち仕事やデスクワークで関節や椎間板、筋肉に負担がかかると関節面が不安定になりやすくなり、痛みを誘発するリスクが高くなります。

関節面は、痛みの根元となる神経圧迫を引き起こす原因となり、非常に重要な部分です。

筋肉を円滑に収縮させ、体のバランスを保持したり安定性を保つ役割を担っています。

関節や筋肉が疲労の蓄積により固くなると身体のバランスが崩れ、安定性が保てなくなる結果、骨盤や腰回りに負担が溜まりやすくなります。

そうすると、今度は骨盤・腰回りの負担が蓄積し何かしらをきっかけにぎっくり腰となってしまうのです。

また、ぎっくり腰が季節の変わり目に多くなるのは水分の補給量が減ることも原因の一つです。

身体の水分量を調節してくれている腎臓と大腰筋は密接な関係にあり、水分が足りない分を腎臓が頑張りすぎてしまうことで腎臓が疲労し、腎臓の疲労が大腰筋に影響する結果、ぎっくり腰になってしまうのです。

このようにぎっくり腰になってしまった方に対しては、『大腰筋』を治療してあげるだけでもかなりの改善が見られます。

高校生の時に発症することがある腰椎分離症に関しては早期発見、早期治療が何よりも大切です。

そのうち治るだろうと様子を見て、放置していると分離したところがそのまま残ってしまい、腰痛を再発しやすくなってしまうので早めに医療機関を受診しましょう。

腎結石の治療方法は、基本的薬物療法により、痛みを緩和する治療と同時に尿から排泄されるように促す治療を行います。

高齢者の方には負担が少ない方法として、体外衝撃波砕石術といい身体の外から衝撃波を当て結石を砕き、尿と一緒に排斥するように治療をすることもあります。

まとめ

腰痛があるのに病院でレントゲンを撮影したが骨には特に異常がないと言われ、痛み止めと湿布を処方されたが一向に改善が見られないという方は非常に多いものです。

原因不明の腰痛はレントゲンには写らない筋肉や筋膜、または身体の歪みによって生じています。

激痛な腰痛、安静時にも痛みを感じる腰痛が見られる場合は、内科的疾患にも要注意です。

腰痛が強い場合には一度整形外科を受診し、レントゲンで特別な異常がないか、また内科的にも問題がないか調べておく必要があるかも知れません。

特に異常が見つからなければ整骨院や整体等で、筋肉や筋膜の固さや歪みをとる治療を行うことをオススメします!

興味のある方は、下記から無料登録ください。

毎月お得な情報及びメルマガをお届けしています。

 

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

最新の投稿

ページ上部へ戻る