腰痛がなかなか治らない原因と対処法、腰痛を早く治す方法

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

「腰痛がなかなか治らない原因と対処法、腰痛を早く治す方法」

腰痛と一言で言っても時々痛くなる腰痛や、普段から張りや重さがあるけど痛いまではいかない腰痛や、ぎっくり腰、歩けないほど痛い腰痛、しびれを伴う腰痛など様々な腰痛があります。

「腰の張り感や重だるさ」を含めると全人口の5人に1人、文献によっては90%以上の人が腰痛を経験したことがあるとも言われています。

人は、年をとるにつれて、脊椎の退行性変化を経験することがあります。

これらの変化が起こると、椎骨間のスペースが少なくなり、腰の痛みを頻繁に感じやすくなります。

このような症状が続くと脊椎が屈曲する姿勢を取るようになり、体は前傾の姿勢によって圧力が軽減されます。

腰痛の症状を感じることが多くなると、気軽にできるストレッチ、体操で痛みを和らげる方法を試すことが多いのではないでしょうか。

次項では、腰痛がなかなか治らない原因について解説致します。

治らない腰痛の原因とは

腰痛があり一度検査と思い整形外科でレントゲンを撮影してもらったが「骨には異常がない」と言われ湿布や痛み止めを処方してもらったが改善しない!という経験をされたことがある方は多いのではないでしょうか?

レントゲンには骨しか映らず、それ以外の筋肉等は映りません。

レントゲンを撮影しても骨に異常がないにも関わらず腰痛がある場合は、その痛みの原因となっているものは筋肉骨格系の「骨のずれ」によって引き起こされているのです。

「骨がずれる」ことで痛みがでるメカニズム

 関節を構成する骨には筋肉が付いています。

この筋肉は強い衝撃を受けた時や継続的に衝撃が加わり、その負荷から身体を守るために収縮し固くなります。

腰の筋肉は背骨についているため、筋肉が収縮し固くなるとその収縮した側に骨も引っ張ってしまい骨がずれてしまいます。

そして、そのずれた状態が続いてしまうと収縮した筋肉が元の状態に戻らない限り関節がロックされた状態になってしまいます。

関節がロックされた状態で筋肉が固く収縮していると、今度は筋肉が毛細血管を圧迫していまい血流が悪化してきます。

血流の悪化により酸素不足が起こると痛みを感じさせる「ブラジキニン」という発痛物質が分泌されます。

筋肉が固く収縮する→関節がロックされる→固くなった筋肉が毛細血管を圧迫する→血流が悪くなる→発痛物質であるブラジキニンは分泌される→痛みとして感じるという流れのメカニズムで腰痛が起こるのです。

腰痛になった時や慢性的な腰痛を抱えている方は、まず自分で何かしらの対策を試してみるのではないでしょうか。

次項では、腰痛が治らない場合、自分でどのような対処法をしたらよいのかを解説致します。

腰痛を早く治す対処法

腰痛の対処法には、様々な方法がありますが、ここではリスクが少なく、簡単に実行できるストレッチ方法とツボ療法等について説明していきます。

腰痛に良い4つのストレッチ方法

腰痛のストレッチには、屈曲運動を取り入れたプログラムがよく使用されます。

このストレッチ方法は、ほとんどすべての人ができる腰痛のためのストレッチです。

ヨガのポーズストレッチ

このヨガのポーズは、脊椎伸筋、大殿筋、ハムストリングの機能を促進させます。

首、肩、腰、脊椎全体に関わる関節の可動性と緊張を和らげるのに役立ちます。

身体へのリラックス効果により、脊椎全体の柔軟性と血液循環を促進します。

ヨガのポーズは、次の手順に従って行います。

ヨガのポーズ・ストレッチのやり方

脚を下に押し込み、かかとに腰を下ろし、腰を前に曲げ、腕を頭の上から前の床に伸ばします。

30-60秒間保持し、3~5回繰り返し行います。

腰の関節と片側腰の筋肉を伸ばすストレッチ

片膝を胸に引き付ける。片膝を両手でかかえ、胸に引き付けていきます。

反対側も同じようにストレッチを行います。

腰の関節と片側腰の筋肉を伸ばすストレッチのやり方

腰の圧迫感は、腰痛の主な原因です。

ハムストリング、腰、臀筋を伸ばすには、膝を1つ曲げ、片足をまっすぐにして仰向けに寝ます。

脚の後ろに手を置き、脚の後ろに軽いストレッチが感じられるまで胸に向かって引き戻します。

また、すねまたは膝の曲がった脚の上に手を置き、胸に向かって引っ張ることもできます。

30-60秒間保持し、脚を切り替えて、同じことを行います。

各脚で3〜5回繰り返します。

梨状筋ストレッチ

梨状筋は、臀筋を斜めに通る小さな梨の形をした筋肉です。

梨状筋とは、腰の外旋筋の1つで、座ったり、運転したり、階段を上ったりする動作が多い人は、この筋肉に負担がかかります。

そのため、炎症を起こした梨状筋は、そこを通過する坐骨神経を刺激し、筋肉は固くなり痛みを伴います。

梨状筋ストレッチの方法

このストレッチを行うには、片膝を曲げて横になります。

反対側の脚の足首を交差させ、曲がった膝の上に伸ばします。

膝を胸に向けて引っ張り、30〜60秒間保持します。

脚を切り替えて、反対側も同様に繰り返し行います。

各脚で3〜5回繰り返します。

骨盤傾斜ストレッチ

腰痛改善には、コアの安定性が必要です。

コアコントロールと安定性の欠如は、腰痛の主な原因となります。

腹部の筋肉が機能していないとき、腰椎の筋肉は、身体のバランスを安定させるためにより強く働く必要があります。

骨盤傾斜ストレッチのやり方

コアの安定性を向上させる優れた方法は、膝を曲げて横になることです。

腹部の筋肉を引き締め、背中を床に押し込みます。

この収縮を10秒間保持し、10〜20回繰り返します。

ポイントは、

・床に足を平らに保つようにする

・肩を床に押し付けたまま、リラックスする

・エクササイズを行うと時は、息を止めないようにする

毎日の生活で腰痛を防ぐには、股関節の柔軟性とコアの安定性を向上させるために背中や腰のストレッチをすることで、腰痛の症状を軽減することができます。

ツボ療法

腰痛は、多くの人々が苦しんでいる全身にわたる疾患です。

その多くの主な要因には、座りがちなライフスタイル、運動不足、時には過労があります。

そのような中でツボ療法は、ストレス、疲労、けいれんによって引き起こされる腰痛を大幅に緩和します。

固く収縮した筋肉をほぐす

関節は骨と骨のつなぎ目のところにあります。

そして、その骨に付いて関節を動かしているのが筋肉です。

関節を動かしている筋肉が固く収縮してしまうと単純に関節の動きが悪くなってしまいます。

腰では腰の骨と骨盤が相互に連動し合うことにより腰がスムーズに動けるのですが、骨盤周りの筋肉が固く収縮してしまうと骨盤の動きが悪くなってしまい腰の動き自体に制限がかかってしまいます。

その状態を放置していると段々と腰に負担や疲労が溜まり、腰の痛みを感じてしまうようになるのです。

ツボ療法が腰痛を和らげる理由とは

体にはいくつかの自然エネルギーの流れを制御して体を癒すことができる圧力点があります。

この圧痛点となるポイントを見つけ、身体の関連するポイントへ圧力が加わるとこわばり、緊張などの要因から生じる腰痛緩和に対する治療ができます。

温める

一般的に急性の腰痛症状や強い痛みがある腰痛以外では、患部を温めることが推奨されます。

患部を温めることによって、筋緊張を和らげ、血流促進と鎮痛効果を期待できます。

主に温めることは入浴が有効的です。

しっかりとお風呂で湯船に浸かって温まる

皆さんはお風呂に入った後は腰痛が楽になりますか?

お風呂に入った後に少しでも楽になるようであればそれは筋肉の張りが原因の可能性が高いです。

筋肉は温めるとほぐれる性質があるので、温まり筋肉がほぐれることによって関節周囲の緊張が緩みやすくなります。

また、お風呂に入ると気持ち良くてホッとしますよね?

この時、身体がリラックスをすることによって副交感神経が優位になります。

副交感神経を優位にすることによって身体の自己治癒力が高まり痛みを軽減する効果があるので、シャワーだけで済ますのではなくしっかりと湯船に浸かって身体を温めましょう!

腰痛が慢性的である場合は、上記の対処法が効果的ですが、それでもよくならない時はどのような方法で腰痛を治すべきなのかを解説致します。

腰痛を早く治す方法

腰痛を早く治すには、関節の「ずれ」=「関節のロック」及び関節の動きを正常に戻す必要があります。

そのため関節の動きを戻すためには何よりも「関節のロック」された状態を改善しなければなりません。

関節のロックは筋肉が固く収縮することによってその筋肉に骨が引っ張られ、その状態で固まってしまいます。

関節の動きを戻すためには、固く収縮して骨のずれを起こしている原因の筋肉を正常に戻してあげることが必要になります。

もう一つは骨のずれを矯正してあげることも必要になります。

基本的には、骨のずれによって筋肉が固く収縮してしまい、その状態を放置することで関節自体がロックされて筋肉が固くなってしまいます。

こうした腰痛の原因として骨以外にみられるが「骨盤のずれ」です。

普段から足を組んで座っていたり、猫背で骨盤が後傾している状態が長期的に起きていると骨盤が歪んでしまい、それによって骨盤周りの筋肉も固くなってしまうのです。

このような場合は、筋肉をほぐして柔らかくするのはもちろん必要ですが、関節の動きを戻すには骨盤矯正も一緒に行い骨盤の歪み自体を治療することが必要です。

腰痛を早く治す3つのステップ

腰痛を早く治すには「関節の動き」をいち早く正常の位置に戻すことが先決です。

ここからは、腰痛を治すために重要な関節を元に戻すための5つのステップを紹介したいと思います。

カイロプラクティックで「骨のずれ」を戻す

患者様にお話を聞くとご自身でも「身体が歪んでいる気がする」「なんか骨がずれているような感覚がある」という方がおります。

自覚があるような方は確実に身体が歪んでいる可能性が高いです。

今現在腰痛や身体の痛みがなくても身体の歪みがあると身体のどこかしらには負担が溜まっています。

その状態を放置していると急にぎっくり腰になり、身体の不調に見舞われてもおかしくありません。

筋肉が固く収縮していると筋肉が付いている骨自体を引っ張り骨のずれを起こします。

骨のずれを戻す時は、テコの原理で素早く矯正を施します。

このように骨のずれを治すことできますが、長期間この状態を放置した人は、又元の状態に戻りやすいので治療間隔開けない集中した治療が必要になります。

この集中した治療によって、早期痛みの軽減と関節の安定を維持できるようになります。

そうなる前にも「歪んでいる」という自覚があったら早めにカイロプラクティックを受けて身体を整えることをオススメします。

当院では根本となる原因を細かく検査をし、原因となる骨のずれ、歪みの根本から治療を行います。

継続していい状態を保つ

先程もお話ししたように腰痛が慢性になっている人ほど身体は骨がずれて歪んでいる状態を記憶してしまっています。

痛みが軽減してもしっかりと治していい状態を保たなければまたすぐに戻ってしまいます。

筋肉の細胞が入れ替わる期間は1ヶ月と言われています。

つまりは最低でも1ヶ月はしっかりと治療を継続的に行わなければ長期的な身体の問題は解決されません。

継続的に治療することによっていい状態を身体に覚えさせ、いい状態でメンテナンスすることによって痛みのない快適な生活を送ることが出来ますよ!

自分でもセルフケアをする

多くの慢性腰痛の痛みは日常生活が原因で起こっています。

治療をしていい状態を保つのはもちろん必要ですが、日頃からそのいい状態をさらに保つためにご自身でもセルフケアを行うとよりいい状態を保ちやすくなります。

腰痛のない生活を送る為にはいかに痛みがなくいい状態を保つかが重要になります。

その為には、治療後の期間もご自身でケアをすることでいい状態を継続させることが出来るのです。

慢性腰痛でお悩みの方は是非お気軽にご相談下さい。

 

興味のある方は、下記から無料登録ください。

毎月お得な情報及びメルマガをお届けしています。

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

ページ上部へ戻る