ストレッチングの際に犯しやすい、5つのよくある間違い

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「ストレッチングの際に犯しやすい、5つのよくある間違い」

 

http://irorio.jp/sophokles/20140205/109255/から引用させていただきました

運動の前にストレッチングをやるのは、今や常識。

ストレッチングで身体をほぐしておけば、運動の成果も上がるし、怪我も減らすことができます。

だけども、多くの人がこのストレッチングを効果的にやっていないようです。

アメリカの著名なスポーツ医学者、Jordan D. Metzlは、最近出版したエクササイズ指南書「The Exercise Cure」の中で、ストレッチングの際に最も犯しやすい代表的なミステイクを5つ挙げています。

それらを、彼のアドバイスとともに紹介したします。

1. ウォームアップを省略してストレッチだけをやるのは、間違い

ストレッチとウォームアップを同じものと考えている人は多くみられます。

だが、この2つは別物。

ストレッチングの前に身体を動かして心拍数を上げ、体温を上げておかないと、筋肉はうまくほぐれません。

「数分間その場でジャンプしたり、ゆっくりジョギングしたり、スクワットしたりしてからストレッチに入るべし」とDr. Mentzlは言います。

2. ストレッチングを手早くササッと終わらせるのは、間違い

早くメインのエクササイズをやりたいのは分かる。

時間が無いなかでスポーツジムに来ているのも分かります。

でも、ストレッチングを手早く終わらせては、やる意味がないのです。

「1カ所の筋肉について、伸ばしたまま15~20秒は止めておくこと。

そして、少なくとも太もも、背中の下部の筋肉、膝の裏の腱、肩、ふくらはぎの5カ所は必ずストレッチすること」これがDr. Mentzlの助言です。 

3. 痛くてもがんばってストレッチするのは、間違い

「穏やかに筋肉を伸ばすのがストレッチング。

痛みを感じたら、何かの異常がある証拠。

そこで止めて、それ以上はやらないこと」。

そして、痛みが無くなるまで、数日間はその筋肉を休ませることです。

4. メインの運動後のストレッチを省略するのは、間違い

後で筋肉痛になるのを防ぎたかったら、運動後のストレッチは必須。

また、運動後のストレッチには、翌日の筋肉の強張りを防ぐ効果があります。

5. 運動する日だけストレッチをやるのは、間違い

それほど大きな間違いではないですが、運動しない日も含めて、毎日ストレッチをやっておくと、より効果が高まります。

 

 

<ご質問お問い合わせは下記より>

◆ホームページ◆
https://himawari-seikotsuin.com/


◆院長大須賀に相談してみる 

http://www.firstchecker.jp/dx/form/1201/


メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。
無料メルマガ興味のある方は下記から。


メルマガは、ひまわり通信「幸せは、まず健康から」という件名で届きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S78617244/


無料レポート
▶「日常簡単に出来る肩こり予防体操ストレッチ」

興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-katakori


▶「日常簡単に出来る腰痛予防体操ストレッチ」

興味のある方は下記から

https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-youtuu

 

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

関連記事

コメントは利用できません。

最新の投稿

ページ上部へ戻る