頚椎症のしびれを改善する治療方法は?自宅でできるストレッチで痛みを解消

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

「頚椎症のしびれを改善する治療方法は?自宅でできるストレッチで痛みを解消」

頚椎症でのしびれが治らない

そもそも頚椎症とは、首の骨内側にある神経が圧迫されてしびれや痛みが出る症状のことを言います。

首の内側にある神経は腕や手に向かって伸びているので、首だけではなく腕までしびれがあるのです。

頚椎症は、加齢や悪い姿勢を続けていたり、重量のあるものを運んでいると骨が変形して起こります。

この頚椎症は、整形外科に通院しても「なかなか治らない」という方も多くいらっしゃいます。

さらに痛みが解消したとしても、またすぐに家事や仕事をしていると痛みが再発するケースも少なくありません。

頚椎症が治らない場合、手術治療もあるので、担当医に確認してみるといいでしょう。

頚椎症の症状と治し方

頚椎症の主な症状は、首から腕、手にかけてのしびれがあげられます。

さらに悪化するとしびれで腕をうえにあげられなくなったり、手を思うように動かせなくなる可能性も少なくありません。

これらの状態がある場合には、筋肉が収縮して細くなるケースも考えられます。

筋肉が細くなってしまうと、代謝が落ちて体にさまざまな不調が引き起る原因のひとつになります。

一般的には、日常に支障をきたすほどの痛みやしびれはありませんが、万が一このような重度な痛みやしびれがあるのであればはやめに手術治療を受けた方がいいかもしれませんね。

症状が酷くない場合は、整体やカイロプラクティックに通ったり、ご自宅でストレッチや姿勢の改善などに励んで痛みを緩和させましょう。

いずれにしても、はやく神経が圧迫されている状態を解消して痛みから解放されてくださいね。

頚椎症の治し方は、整体、カイロプラクティック、鍼灸院での施術を受けたり、病院へ通院して整形外科を受診します。

整形外科では、状態を確認するためにMRIやCTなどの画像で診断していきます。

なかには、頚椎症が重度で仰向けになれないため、画像を撮ることができない方もいらっしゃいます。

検査によって神経や骨の状態を把握して、治療方法を医師が決めますが、ほとんどの場合が保存治療です。

保存治療とは、手術を行わずに薬や姿勢改善などで痛みを緩和していく方法のこと。

「痛みが強くて眠れない」「日常生活もままならない」という場合には、鎮痛剤やブロック注射で治療することも考えられます。

頚椎症は、首のコンディションを整えたり、首の筋肉を鍛えて、負担を軽減することが最も大切なので、リハビリを少しずつ続けていきましょう。

その場合は、ご自身の判断でトレーニングやストレッチをせず、担当医に相談してから実践するといいでしょう。

また、整体やカイロプラクティックへ足を運び柔道整復師などの資格保有者に、診てもらうこともおすすめです。

日常生活で気を付ける点なども教えてくれるので、頚椎症をよりはやく改善できますよ。

頚椎症で手のしびれがでる!頚椎症の名医って?

先述した通り、頚椎症は首にある骨が変形することで、神経を圧迫するためしびれがでることがあります。

神経は、腕や手先まで伸びれいるため首だけではなく、腕にまでしびれがでることも多くあります。

腕や手がしびれてきて何が原因なのか分からない方も多い頚椎症ですが、整骨院や整形外科、カイロプラクティックなどに通うことで痛みから解放されるので、ぜひとも専門医にかかるようにしてくださいね。

また、痛みがひどい場合には日本でも有名な名医にかかりたいものです。

頚椎症の名医とは、手術をしないで自然治癒力を最大限に生かした治療を行える先生が日本で名医だと言えます。

頚椎症に限らず、脊椎全般ついて分かりやすく説明され治療をされている先生がよいです。

頚椎症を改善するリハビリとストレッチ方法

頚椎症は、骨が変形することが原因で起きるものです。

骨を支える筋肉をほぐして、柔軟に対応できるようにして痛みを緩和させましょう。

ここでは、頚椎症におすすめなストレッチ方法をご紹介します。

ご自宅で簡単に行えるものなので、今日からさっそく挑戦してみてくださいね。

しかし、頚椎症が重度の場合は安静にしておく方がいい可能性もあります。

そのため、必ず担当医の許可が出てからストレッチを行なってください。

痛みが生じた場合には、すぐに中断しましょう。

ストレッチポール

このストレッチはストレッチポールというアイテムを使用しますが、ご自宅にない場合はバスタオルを重ねて代用することができます。

  1. ストレッチポールに体を乗せて仰向けになります。
  2. 頭がポールからはみ出ていないかを確認しましょう。
  3. 頭がはみ出ている場合は、お尻の方に下がります。
  4. 両手は体の横に楽についてくださいね。
  5. 頭をポールに押し付けます。
  6. 7秒ほどゆっくり頭をポールに沈めるようにしましょう。

首回りの筋肉を鍛えることができる上、肩甲骨周りの筋肉のハリやコリをほぐせます。

肩の力を抜いて、ゆっくりご自身のペースで呼吸を続けましょう。

入浴後や就寝前のリラックスしている状態で行うと血行が促されるので効果的です。

肩周りのストレッチ

 

  1. 真っ直ぐに立って右手を左の肩にのせます。
  2. 右手は肩を下に押して、左の肩は上にあげます。
  3. 右手に力を入れて肩があがらないよう保持しましょう。
  4. 7秒ほど行ったら反対側も同様に実践してください。

このストレッチを行うと肩周りの筋肉が刺激されて、安定感がでてきます。

頭は5〜6kgほどあり重たいので首回りの筋肉を刺激しておくことが大切です。

変形性頚椎症と頚椎症性神経根症はストレッチで完治できる?

そもそも変形性頚椎症とは、首や肩に痛みがあるが腕や手にしびれはない状態のことを言います。

治療方法としては、特殊な機械で頸椎を引っ張ったり、電気刺激をしたり、温めることが効果的です。

日常的に首を後ろに反らす動作をしないように注意して悪化しないように生活をすることが大切です。

次に頚椎症神経根症とは、変形性頚椎症は腕や手にしびれがでませんでしたが、頚椎症神経根症は腕や手の神経を圧迫するためしびれがでてきます。

上を向くなど首を圧迫する動作で痛みが走るので日常生活のなかでも支障がでてくることも。

病院に受診して、頚椎症神経根症と判断された場合は、ゴルフなどのスポーツは控えた方がいいでしょう。

また、私生活の中でも首に負担がかかりやすい洗濯物や皿洗いなども控えた方が安心です。

頚椎症神経根症は、痛みを解消するために鎮痛剤やブロック注射をするケースも多くあります。

しかし、手術をせずに完治できる可能性も高いといわれています。

変形性頚椎症と頚椎症性神経根症は、ストレッチで完治できるのか徹底的に調べましたが、実際に「完治できた」という情報はゼロでした。

完治まではいかないかもしれませんが、痛みを緩和させることは可能なのでストレッチに励んでみるといいでしょう。

いずれにせよ、実際に行ってもいいストレッチなのか、あなたの頚椎症の経過を知る医師や柔道整復師に相談してくださいね。

まとめ

頚椎症は、首や肩だけではなく手先までしびれるので日常生活にまで支障をきたす場合もあります。

重症化したら、首を反らす動作はもちろんのこと、ゴルフや家事、仕事も休養して首のケアをしなければなりません。

一般的には、ブロック注射や鎮痛剤、特殊な機械で頚椎を引っ張るなどの治療で痛みは和らぎます。

それらの治療に加え、首に負担のかからない姿勢に改善したり、負担を軽減するために筋肉をつけるといいですよ。

担当医の許可があれば本記事でご紹介したストレッチを実践してみてください。

一刻もはやく神経の圧迫から解放されて、快適なライフスタイルを送りましょう。

 

興味のある方は、下記から無料登録ください。

毎月お得な情報及びメルマガをお届けしています。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

ページ上部へ戻る