胃痛の原因ストレスと自律神経の関係

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「胃痛の原因ストレスと自律神経の関係」

胃痛の症状は、自立神経失調症と深く関係しています。

そして自律神経の乱れは、ストレスが原因であることが多いため、胃痛とストレス、そして自律神経の関係を知っておくといいでしょう。

【自律神経と深いかかわりを持つ胃痛】

仕事や人間関係、そして家庭内や男女関係など、不安やイライラ、怒りや悲しみなどを抱えていると胃が痛くなったり、不快感を覚える事があるでしょう。

そんな時、病院でレントゲンや血液検査をしても、まったく原因が見つからない、そんな経験ありませんか。

そのようなときは、整体での施術が効果的です。

胃腸は、自律神経の働きと深く関係しています。

自律神経は、ストレスが原因で、バランスを崩すため、それが原因で胃痛や胃腸障害を起こしやすくなります。

初期症状としては、下痢や便秘、胃のハリがあります。

【なぜストレスを感じると自律神経が乱れるの?】

副交感神経と交感神経の絶妙なバランスで正常に保たれている自律神経ですが、ストレスがかかると交感神経の働きが優位になります。

交感神経には、胃腸の働きを抑える作用があるため、一時的に食欲の低下が起こります。

緊張している状態で、無理に食事を取ってしまうと、胃腸がスムーズに機能しないため、消化不良により胃痛などを引き起こす原因を作ってしまうのです。

ストレスがなく、リラックスした状態では、副交感神経が優位になり、胃腸の働きが活発になります。

そのため、消化機能が活性化され、食事がスムーズに消化されるため、胃痛が一切起きません。

ただ、常にストレスを抱えている方は、自律神経のバランスが壊れるため、本来ストレスを感じている際に機能しないはずの副交感神経が一時的に活性化され、胃酸の過剰分泌が起こります。

それが原因で、ストレスを抱えている方の多くが胃痛を訴えるといわれています。

【自律神経の乱れを整え胃痛を改善する方法】

ストレスによる自律神経の乱れを整え、胃痛を改善すべく、整体院では、さまざまなアプローチを試みます。

まず自宅でも意識することで、自律神経の乱れを整える事ができる方法の一つに呼吸改善法があります。

ストレスを抱えている方の多くが、呼吸が浅く、リズムが乱れている傾向にあります。

深く息を吸い、ゆっくりと吐き出すように呼吸の方法を指導しますので、少しずつですが、自律神経を整える事ができるでしょう。

その他、整体院では、内臓の機能を回復する施術も行います。

自律神経失調症による胃痛を抱えている方の大久は、内蔵機能が低下しています。

手技により内蔵機能を回復させることで、交感神経に偏りがちな自律神経を副交感神経よりに戻すことで、一定のバランスを整える事ができます。

短期間で改善する事はできませんが、施術を受ける事によって、次第にストレスが取り除かれ、体の緊張がほぐれていきます。

体全体の緊張がほぐれたら、交感神経と副交感神経のバランスも調整されるため、胃酸の過剰分泌による胃痛も少しずつ回復できるでしょう。

 

 

<ご質問お問い合わせは下記より>

◆ホームページ◆ 
https://himawari-seikotsuin.com/

◆院長大須賀に相談してみる 

http://www.firstchecker.jp/dx/form/1201/


メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。

無料メルマガ興味のある方は下記から。

メルマガは、ひまわり通信「幸せは、まず健康から」という件名で届きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S78617244/


無料レポート

▶「日常簡単に出来る肩こり予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-katakori

▶「日常簡単に出来る腰痛予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-youtuu

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

関連記事

コメントは利用できません。

最新の投稿

ページ上部へ戻る