椎間板ヘルニア 手術をしないで治療で治す方法

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

「椎間板ヘルニア 手術をしないで治療で治す方法」

病院でも治らない椎間板ヘルニア 手術をしないで治す方法をご存じですか?

腰痛には、病院などで病名が特定できるものは腰痛全体の15%程度しかないと言われています。

それらの疾患は、
・椎間板ヘルニアが原因の腰痛:5%
・腰椎圧迫骨折、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症、変形性脊椎症など病名がはっきりしている腰痛:9%
・腫瘍などが原因となっているもの:1%

そして、残りの85%が病院でも原因不明とされている疾患です。

「原因不明」とされているそれらは運動不足、姿勢の悪さ、過度の運動、肥満、重いものを持つ生活習慣、ストレスなどで済まされているのが現状です。

実際には、それ以外に原因があり腰痛を引き起こしているのです。

慢性腰痛の多くは病院でも「原因不明」とされている85%の中に含まれています。

ですから、慢性の腰痛を持つ患者は、病院でも原因がはっきりわからず、これといった治療法も無いので、自分自身で整体、カイロ、はり、灸などの中から自分に合った治療をしてくれる治療院などを探して通うしかないというのが現状です。

この慢性腰痛を放置することで椎間板ヘルニアを発症させています。


腰痛は普段、腰に痛みが無い方でも、ある日突然襲ってきます。

現在慢性腰痛を抱えている方、椎間板ヘルニアになってしまっている方も今後改善できるように手術をしないで治す方法を解説していきます。

坐骨神経痛で代表的な疾患に椎間板へルニアがあります。

腰痛や坐骨神経痛になったことがない人でも椎間板ヘルニアは大抵の方は聞いたことはあると思います。

椎間板ヘルニアは、手術をするとイメージが強いかも知れませんが、臨床上ヘルニアを手術で取り除くのは10%に過ぎません。

ほとんど手術をしないで治した方が、予後が良いことはデータ的に実証されています。

手術を受けた患者さんの約80%が7~8年に再発しているとデータも出ています。

椎間板ヘルニアになってしまった場合、今の状態がどのレベルにあるのかをしっかりレントゲン、MRI画像診断の下で分析し、正確な治療を行えば、ヘルニアはやがて引っ込み、炎症は消滅してくることになります。

もう、病院に通いブロック注射や痛み止めの薬を飲む必要はありません。

椎間板ヘルニアで悩むのは今日で終わりにしましょう。

椎間板ヘルニアは、現在保存療法が主体で行うのが原則で、手術は尿が出なくなったなど緊急性な状態を除いては、経過観察して治療を行うことが望ましいと思われます。

一番有効な治療法としてカイロプラクティックによる椎間板矯正法が有効です。

カイロプラクティックによる徒手矯正により、突出したヘルニアを引っ込ませることにより、炎症がしだいに消滅し、椎間板ヘルニアを自然に治していくことができます。

結果将来的にも再発を防ぎしっかりとした骨格を維持できるのです。

椎間板ヘルニアは手術をしないと治らないと思っている方、椎間板ヘルニアは、手術しないといけないと思っている方は、まず背骨全体を知る必要があります。

下記の症状は、椎間板ヘルニアになってしまった根本的な原因にあるのです。

・背骨が曲がっている
・レントゲンで椎間板が狭くなっている
・レントゲンで椎間板が潰れている
・骨が変形している
など

この原因を見つけ出し、しっかりこの時に治療を行わないと、症状がやがて見えないところで進行していきます。

どこかのタイミングでこの原因をストップさせ、先天性治癒力を高めないと人間が本来持っている治癒力は発揮することができません。

手術は、治癒力を高めることではなく、必要ではないものを取り除いたに過ぎません。

椎間板ヘルニアを引き起こしている原因となる椎骨サブラクセーションを最終的に正しい位置に戻すことが必要となってきます。

この一番大事な椎骨を正しい位置に戻すことが出来れば、椎間板ヘルニアが改善されるのです。

個人差はあると思いますが、施術を初めておおよそ2~3週間ほどで効果が現れ、1ヶ月、2ヶ月続けると、ほとんどヘルニアが引っ込み、椎骨の位置も正常レベルに近づき、腰痛で悩むことはなくなります。

椎間板ヘルニアは完治するのです

体を支える土台として骨盤や腰椎があり、その周りには強靱な多くの靭帯や筋肉で囲まれています。

椎間板ヘルニアなるのもそれには原因が必ずあります。

椎間板ヘルニアの治療は、難しく治療法として病院でのブロック注射や痛み止めの薬でしのいでいるのが現状です。

椎間板ヘルニアだけに目を向けるのではなく椎骨サブラクセーションをしっかり見つけ出すことがやがて完治に繋がるのです。

骨盤や椎骨はゆがんだり、ずれたりすることはないと医学界では言われていますが、カイロプラクティック哲学の中では、椎骨サブラクセーションを見つけ出し、正確なアジャストメントを行うことによって先天性治癒力を発揮することができると言われています。

先天性治癒力が100%発揮することが出来た時こそが、自らの力で治す力が働き、手術をしないでも椎間板ヘルニアを完治することが可能になるわけです。

 

 

 

<ご質問お問い合わせは下記より>

◆ホームページ◆
https://himawari-seikotsuin.com/

 

◆院長大須賀に相談してみる
http://www.firstchecker.jp/dx/form/1201/

 

メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。
無料メルマガ興味のある方は下記から。

メルマガは、ひまわり通信「幸せは、まず健康から」という件名で届きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S78617244/

 

無料レポート
▶「日常簡単に出来る肩こり予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-katakori

 

▶「日常簡単に出来る腰痛予防体操ストレッチ」
興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-youtuu

関連記事

コメントは利用できません。

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

ページ上部へ戻る