身長を伸ばす方法!効果が期待できる食べ物、ストレッチ、整体を解説

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

「身長を伸ばす方法!効果が期待できる食べ物、ストレッチ、整体を解説」

身長にコンプレックスを持っている人は、どうにかして身長を伸ばしたいと思っているのではないでしょうか。

本記事では、身長を伸ばす方法!効果が期待できる食べ物、ストレッチ、整体などについてご紹介します。

身長が伸びる人と伸びない人の違いとは?

整体の効果には、痛みやしびれの改善以外にも、様々な効果があります。

今回ご紹介する身長に関わる症状にも大きく期待ができます。

なぜ身長が伸びるのか?

その理由は、関節と椎間板が深く関係しているからです。

実際整体施術を行うことによって、身長が1cm〜3cm程度伸びると言われています。

身長の伸び具合は、人によって個人差はありますが、多くの人が整体を行うことで身長が伸びています。

整体を行うことによって神経の流れを良くすることで、関節及び椎間板に栄養を与え、その結果として骨格の歪みを正し、身長が伸びことができます。
骨格が歪んでいると、身長を伸ばすためには欠かせない成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。

整体では、腰や首などの骨格を様々な方法で正してくれます。

そのため、適切に成長ホルモンが分泌されるようになります。

また、骨格を正すことで本来の姿勢に近づきますので、身長が伸びるということがあります。

そのため整体で、施術をしてもらってすぐに約1cm身長が伸びた!というような経験をしている人はたくさんいます。

また、整体師は身長を伸ばすために、骨格を正してくれるだけではなく、身長を伸ばすために必要な知識を教えてくれるということがあります。

具体的には、身長を伸ばすために大事になってくる日頃の姿勢について、身長を伸ばすために摂取すべき栄養や適切な運動方法についてなどです。

特に、身長を伸ばすために大事になってくる運動は、自分ではわからないというケースがほとんどです。

そのようなことも教えてくれながら、長期的に施術をしてくれますので、身長が確実に伸びるということになります。

なんとかして身長を伸ばしたいと思っている人は、整体に足を運んでみるのが良いです。

足を運ぶことで、身長が伸びるということに繋がります。

身長を伸ばすために必要な睡眠と食ベ物について

成長の時期には、身長を伸ばすストレッチに加えて、しっかりとした睡眠の確保やしっかりと栄養バランスの食事が大事になってきます。

ここでは、生活に非常に大切な睡眠と食生活に関して説明していきます。

身長を伸ばすための睡眠の取り方

寝る子は、良く育つと言われたものですが、塾や習い事と近年では少子化も含めて子供も睡眠時間の確保が難しくなっています。

そのような環境の中で、質の良い睡眠とバランスの良い食事は子供の成長過程や体の健康維持には欠かせないことです。

睡眠は、どのように確保していけばよいのかをここでは睡眠の質を意識し説明していきます。

特に意識して頂きたいのは、睡眠の時間帯です。

成長ホルモンを活性化するには、夜10時~午前2時に熟睡し、深い睡眠に入っていることです。

このゴールデンタイムと言われる時間帯に布団に入って質の良い睡眠を取ることが成長には非常に大切なのです。

睡眠の他に寝る姿勢も意識する必要があります。

どのような寝方をすれば、身長が伸びるのかというと仰向けです。

仰向けで眠ることによって、背中を丸まずに済むことになります。

また、背中に負担をかけずに眠ることができます。

身長を伸ばすためには、背中を丸めずに眠ることが大切になってきます。横向きで眠ってしまうと、背中を丸めてしまう可能性がありますので、できるだけ横向きでは眠らないようにしましょう。

仰向けでは眠れないという人も日頃から気をつけることによって、眠ることができるようになりますので、しっかりと意識するようにしましょう。

身長を伸ばす食べ物と栄養素

身長を伸ばす上で、必要な栄養素は乳製品やミネラルです。

良く知られている中では「牛乳」「豆乳」、食べ物では、「バナナ」「ナッツ」がおすすめです。

身長を伸ばすことや成長ホルモンを活性化するには、食事の摂取方法も大事になります。

要するに食べ物をうまく組み合わせ取ると言うことです。

特に骨の新陳代謝に必要な「カルシウム」は、骨の破骨細胞と新生細胞のサイクルを活性化する土台となる骨の密度を上げる栄養素です。

運動を取り入れることでより骨の新陳代謝が活性化し、効果を増大させます。

次に筋肉の基になるタンパク質です。

身長を伸ばすには、この2つを効果的に摂取することで全身に栄養を与えることができます。

その他にビタミンC、D、K、B、マグネシウムなどの栄養素も一緒に摂ることでカルシウムとタンパク質の吸収をよくすることができます。

食べ物では、納豆、魚、ジャガイモ、チーズ、ゴマやみかん、バナナなどのフルーツを主食と組み合わせるとバランスよく身体の成長によい栄養素を摂取することができます。

身長を伸ばす有効なサプリメント

食事の補助的な役割としてサプリメントがあります。

好き嫌いがある方やバランスよく効果的に食事が取れない方にはサプリメントが有効です。

なおサプリメントの摂取タイミングは、食後の前後が良いと言われています。

身長を伸ばすための運動

身長を伸ばす方法として食べ物と並行して行うのが運動です。

良く鉄棒などにぶら下がれば関節が伸びると思っている方もいるかも知れません。

しかしそんな単純なことではありません。

前項でも説明しましたが、骨は絶えず新生破壊が行われています。

運動→睡眠によって細胞は成長します。

骨は、縦方向の負荷を与えた後、しっかり睡眠をとって休ませることで成長します。

歩いたり、走ったり、ジャンプによって破骨細胞が働き、新たに骨芽細胞が生まれ変わり成長してきます。

身長を伸ばすための筋トレ

骨が成長する成長期の時期には、医学的に器具を使った筋トレはおすすめできません。

なぜならば筋肉や骨、関節に必要以上な荷重や圧力をかけてしまうと脳はストレスをうけてしまう成長ホルモンを抑制してしまうからです。

特に高校生以下は、まだ身長が伸びている時期なので、できるだけ筋トレは避けるべきです。

バーベルやダンベルなどの器具を使ったウエイトトレーニングは、成長期の関節には必要な以上負荷がかかり、骨の成長を止めてしまう可能性があります。

そういったことからも一般的に身長の成長が止まる18歳くらいまでは、筋トレは避けた方がいいでしょう。

身長を伸ばすためのストレッチ

身長を伸ばすストレッチは、発育の止まる高校生までが効果的です。

身長を伸ばすストレッチには、体の中の血液循環を良くする効果があります。

血液循環を良くすることで、骨などの身長を伸ばすことに繋がる体のパーツにまで、しっかりと血液が送られるようになります。

また、ストレッチによって運動不足が解消されることに繋がります。

運動不足だと適切に成長ホルモンが分泌されないということがあります。

身長を伸ばすストレッチには、「血液循環をよくする」「運動不足が解消される」という効果がありますが、この2点は高校生までが効果的と言われています。

その理由としては、高校生は成長ホルモンが分泌されるラストスパートの時期だからです。

高校生を過ぎてしまうと、成長ホルモンの分泌がされなくなるということではないですが、分泌される量はとても少なくなります。

そのため、身長を伸ばすストレッチは、発育のとまる高校生までが効果的と言われています。

寝る前に行う身長を伸ばすストレッチ

寝る前に身長を伸ばすストレッチを行うことで、「新陳代謝が良くなる」「睡眠に入りやすくなる」などの効果があり、成長ホルモンの分泌を促す効果があります。

寝る前に行うべき身長が伸びるストレッチとしては、背筋を伸ばすストレッチが良いです。

このストレッチの方法は、両手を組んでゆっくりと上に伸ばすという方法です。

できるだけ上に伸ばした状態で10秒程度キープしましょう。それを3回程度繰り返すというストレッチ方法です。

その他に、寝る前にすべき身長を伸ばすストレッチとしては、手のひらをくっつけた状態で、できるだけ上に手を伸ばします。

もうこれ以上伸びないという位置で、手を右にたおしていきます。そして、次に左にたおしていきます。これを3往復するようにしましょう。

寝る前にストレッチをすることで、身長を伸ばすということに繋がりますが、寝方によっても身長を伸ばすことができます。

身長を伸ばすヨガ法ストレッチ

ヨガをすることで、背中のストレッチ効果、体のバランスを整える効果が期待できます。

そのため、ヨガ法ストレッチをすることで、本来の体の状態に戻すことができるようになります。

このようなヨガ法ストレッチをすることで、身長を劇的に伸ばすということは難しいですが、身長を3cm程度伸ばすということは可能です。

身長を伸ばすことに繋がる効果があるヨガ法ストレッチとしては、「スフィンクス」があります。

スフィンクスのやり方は、まずはうつ伏せになります。

そして、肩の下に肘を持ってくるようにします。この状態の時は、両手をしっかりとパーにしておくのが大事です。

そして、背中を伸ばしながら胸を広げるイメージで体を起こします。

背中が伸びていると感じる場所で5秒間止まります。これを3セット繰り返します。

その他の身長が伸びるストレッチとしては、「ハラーサナ」があります。

ハラーサナは、まずは仰向けになります。そして、足を空に向かって伸ばします。次にお尻をあげます。

そして、足をまっすぐ上に伸ばすようにしましょう。足を下ろしてくる時は、頭の上に戻してくるようにしましょう。これを3度ほど繰り返すようにしましょう。

身長を伸ばす整体、即効矯正で伸ばせる裏ワザ

整体で背骨の歪みを改善すると身長が伸びる理由とは?

整体で背骨の歪みを改善することによって、約3cm程度身長が伸びると言われています。

その理由としては、自分では気がついていないケースが多いのですが、人は歳を重ねるごとに関節が狭くなり、それと同時に椎間板は薄くなってくるからです。

このような症状を放置しているとやがて猫背になってしまいます。

猫背になっている状態が続くと、次第に背骨が曲がってくる状態になります。

その結果、背骨全体の状態が、約1cm〜3cm程度身長が小さくなっています。

整体によって背骨の歪みを改善すると、本来の背骨の位置に戻り、関節や椎間板にかかるストレスが解放され、身長が伸びるという現象が起こってきます。

また、背骨の歪みを正すことできちんと成長ホルモンが分泌されるようになります。

そのため、急激的に身長が伸びるということはありませんが、少しずつ身長が伸びてくるということになります。

姿勢を正すということは、自分で行うことができますが、背骨の歪みを正すということは、自分で行うのは難しい面があります。

背骨の歪みを整えて確実に身長を伸ばしたいと思っている人は、整体に足を運ぶのが良いでしょう。

1度、背骨専門の整体で背骨の歪みを正してもらうと、背骨が正しい位置に矯正され、一定の期間継続施術を受けることで今後背骨が歪みにくい体を維持することが可能になります。

また猫背になりにくいというメリットがあります。

猫背が気になっているという人は、背骨専門の整体で全身をチェックしてもらうと良いです。

まとめ

身長を伸ばしたいと思っている人は、睡眠、食べ物は勿論のこと、ストレッチ、整体などを効果的に利用すると良いです。

特に整体は背骨のずれ、歪みを正し神経の流れを正常に保つことができるようになりますので、その結果身長を伸ばすことに繋がります。

身長を伸ばすストレッチに関しては、成長ホルモンの分泌が多い高校生の時期が効果的と言われています。

そして、寝る前に身長を伸びるストレッチをすることで、成長ホルモンの分泌に繋がると言われていますので、身長を伸ばしたいと思っている人は、寝る前にストレッチをするようにしましょう。

ストレッチの方法は、ヨガ法ストレッチの「ハラーサナ」「スフィンクス」が効果的です。

寝る際には、仰向けで眠るようにしましょう。

 

興味のある方は、下記から無料登録ください。

毎月お得な情報及びメルマガをお届けしています。

 

LINEで気軽に聞いてみる

関連記事

コメントは利用できません。

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

ページ上部へ戻る