腰痛治療で整体は役立つ?整体院と整形外科や整骨院・接骨院を比較して解説

  • 2019/9/12
  • 腰痛治療で整体は役立つ?整体院と整形外科や整骨院・接骨院を比較して解説 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

「腰痛治療で整体は役立つ?整体院と整形外科や整骨院・接骨院を比較して解説」

腰痛が出たとき、整形外科や整骨院・接骨院、マッサージなどさまざまな治療の選択肢がありますが、「整体」ではどれほどの治療効果があるのか気になる人もいるのではないでしょうか?

本記事では、腰痛に対して整体ができる治療や、整体院、整形外科、整骨院・接骨院の違い、そして、選ぶ際のポイントなどを解説します。

腰痛のとき整体はどのような治療ができる?

腰痛で整体の治療をうけようと思った時、果たしてどのような治療が受けられるのか、わからない状況です。

ここでは、腰痛のとき整体はどのような治療ができるのかを説明していきます。

整体は、体全体のバランスを整えることで人間が本来持つ自然治癒力を高めて、痛み・違和感を改善するための手技療法です。

腰痛に対しては、体を支える中心となる骨盤や背骨を整え、骨のズレなどを矯正することで、筋肉のコリや疲労を自然に回復させる治療です。

腰痛は、脊椎部分に異常をきたしていて、腰椎を通過する神経版を圧迫・刺激することが痛みの原因になっているケースが多くみられます。

整体は手技で体の状態を整え、滞っている血行やリンパの流れを促進することで腰痛の改善を促すことが出来ます。

整体で対応できる主な症状は、腰痛、坐骨神経痛、足のしびれ、肩こり、交通事故の慢性期など様々です。

また身体の歪みに生じた体の重心やバランスを整えることで腰痛の根本症状を改善することができます。

整体院と整形外科や整骨院・接骨院との違いとは?

皆さんは整体院と整骨院・接骨院の違いが分かりますか?

健康保険が適用できるのか?

どのような施術の違いがあるのか?

マッサージ、矯正治療なのか?

予約制なのか?

などこの記事では整体院と整骨院・接骨院、整形外科とのそれぞれの違いを含めて解説していきます。

整形外科

ここでは、整形外科の特徴を説明していきます。

整形外科は「整形外科医院」「整形外科クリニック」という名称もあるように、病院であり医師免許が必要になります。

整形外科では医師が担当するので、まず基本的にはレントゲン写真を撮影、各種検査後病名を診断します。

その後注射、投薬、手術を行うことができます。

腰痛にも整体やマッサージだけで症状が改善するものもありますが、「脊椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症」で症状が強い時には外科的な処置が必要になるような病気もあります。

整形外科の一般的な診察の流れは、問診や身体の理学所見とレントゲン撮影、症状が強い場合にはMRIなどによって状態を診断し、保存療法として鎮痛薬を服用することが多いようです。

原因がわからないまま、さまざまな治療を試しても状況が改善しないどころか悪化につながる可能性もあるため、不安な場合は整形外科で医師の診察にかかるのが無難です。

整骨院・接骨院

今や駅近くには何件もの整体院や整骨院・接骨院があってどの院に行けばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?

ここでは、整体院や整骨院・接骨院の特徴や、整体との違いを説明致します。

「整骨院」と「接骨院」はほとんど同じ意味合いで使われますが、名前が少し違うだけで取り扱われる業務や内容は同じになります。

整骨院・接骨院では、柔道整復師という国家資格者が施術を行います。

柔道整復師は医師の同意のもと、骨折や脱臼に対する治療ができるので、骨折後のリハビリ等も行うことが出来ます。

多くの院では痛みが発症している箇所だけに低周波治療器などの機械を用いて、マッサージを含めた施術を行うことが多いようです。

整骨院・接骨院では手技療法が基本で、腰痛の原因となる腰付近などの部位の筋肉や骨を整えて腰痛を根本解決することを目指している院が多いようです。

また独自に鍼灸や、整体の一つであるカイロプラクティックといった治療を取り入れて治療している院もあります。

慢性的な肩こりや腰痛には保険を取り扱うことは出来ず、その場合は保険外の自費治療しか行うことが出来ません。

保険が取り扱える範囲としては、2週間以内の原因がハッキリとした骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷といったケガになります。

整体院や整骨院・接骨院を選ぶ際のポイントは?

今や駅近くには何件もの整体院や整骨院・接骨院があってどの院に行けばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?

ここでは整体院や整骨院・接骨院を選ぶ際に意識するとよいポイントについて紹介致します。

担当の整体師が固定されているか

ここでは、整体院を選ぶ場合、整体師が固定されているか?などのメリットについて説明致します。

腰痛の治療で、特に慢性的な腰痛症状などの場合は、基本的に一度行って終わりではなく、治るまでに期間を要することがあります。

そのため何ヶ月も継続的に通院する必要性があります。

診察や治療に当たる担当者が固定されていれば、これまでの腰痛の経過や、身体的な特徴、症状などに詳しくなり、また信頼関係を築ければ意思疎通もしやすくなっているので、その時の身体の状態に合わせて治療してもらうことも可能です。

そのため、腰痛治療は同じ人物が担当し続ける方が高い改善効果を期待できます。

整形外科や整骨院・接骨院は、有資格者が診察や治療、そのほかの施術を行うため、同じ場所に通う限り、基本的に担当者はいつも同じです。

整体院に通う場合は、整体師には資格が必要なく複数の整体師が在籍していることもあり、いつも同じ整体師が継続的に担当してくれるかはわかりません。

また民間のマッサージ屋さんも多くの施術者が在籍しているので同じ担当者ではなく、毎回違う人が施術に当たる場合もあります。

民間のマッサージ屋さんは少しお金がかかりますが指名することも出来るので、気になる場合は、担当が固定なのかを確認しておくと良いです。

症状の検査が細かいか

整体院やそのほかの治療機関を選ぶ際に、問診などの診断が細かくしてくれるかどうかが選ぶ際のポイントになります。

診断では、問診や既往歴の聞き取り、触診といった身体の理学所見を実施します。

身体内部をより詳しく診るためにレントゲン写真ではわからないところはMRIを使い判断することもあります。

通常は、この方法でほとんどの診断は可能です。

ただし、状態によってはMRIで検査しただけでは判断が出来ず、より詳しく診断をするために脊髄造影や造影CT、筋電図などのさらに細かい補助検査が必要になるケースもあります。

病院でなければ画像診断はできないですが、整体院や整骨院・接骨院であっても、問診に10分以上をかけたり、問診票の質問事項が充実しているなど、患者の情報を積極的に参考にしようとしている姿勢がみえる場合は良好で、こういった院にかかることをオススメします。

また医師、柔道整復師、整体師などの担当者やスタッフがこちらの訴えに耳を傾けてくれる場合も非常にいい院と言えます。

日常習慣へのアドバイスがあるか

整体院やそのほかの治療機関を選ぶ際に、日常習慣へのアドバイスが充実しているかどうかも選ぶ際のポイントです。

腰痛の治療は、定期的に通院して治療を続ければ必ず解決するものではない時もあります。

治療だけでなく、日常生活の意識や運動不足解消、時には理学療法(リハビリテーション)など、生活のなかで気をつけなければならないことがたくさんあります。

体の歪みや骨のズレ、悪い姿勢やクセは生活習慣によるものなので、生活環境を意識的に変えることは体を治すためにも非常に重要です。

腰痛が早く改善するには、治療の的確さと、生活のアドバイスのどちらも不可欠です。

できれば、その患者さんの身体の状態やそれまでの意識、生活習慣を理解したうえで、自ら無理なく行動に移せるようなアドバイスをしてもらえるところは非常にオススメです。

また生活習慣や心がけへのアドバイスがしっかりしていると、患者さん自身が腰痛を引き起こすような行為を自然と回避できるようになるため、腰痛の再発防止にも役立ちます。

整体や治療を受ける際の流れ

腰痛で初めて整体院などを使って整体や治療を受ける場合、どういった流れで治療を行うのか、ここでは整体や治療の一般的な流れについて紹介致します。

予約から来院まで

ここでは予約から来院までの一般的な流れを説明致します。

まずは整形外科、整骨院・接骨院、整体院など、どこで診察・治療を受けるかを決め、予約をします。

整形外科の場合は直接行き順番を取ることが必要になりますが、整骨院・接骨院、整体院では直接行ってもOKなところもありますが、電話で予約を取るところやホームページ上から時間指定で予約を取ることが出来る院もあるのでぜひそういったところを活用してみて下さい。

来院後は、まずは問診票を記入します。

氏名・年齢・住所といった個人情報や、症状、病歴、既往歴などについて問診されるのでなるべく正確に答えた方が症状改善に役立ちますのでしっかりと記入しましょう。

次に問診票に記載した内容をもとに、腰痛の状態や症状についてカウンセリングや問診を受けます。

しっかりと診てくれるところでは痛い場所のみだけではなく、脊椎付近の状態を把握するため、全身の視診や触診によって診察を受ける検査を行います。

病院・整形外科の場合は、必要に応じてMRIやレントゲン撮影を行い、その画像を元に問診や触診を行います。

施術と施術後

問診やカウンセリング、検査が終わったら次はいよいよ施術になります。

ここでは、施術とその後の一般的な流れを説明致していきます。

問診やカウンセリング、検査・診察の結果に応じて施術が行われます。

施術では、基本的には痛みがある場所やその症状のツボを手技療法でほぐしたり、ストレッチを行います。

これにより、痛みを和らげ、血流を促進し、痛みを軽減・改善する効果が期待できます。

整形外科病院の場合では、薬物療法で薬を服用することで痛みを軽減させる保存療法が行われることが一般的です。

より治療を繰り返しても痛みが続けば、神経ブロック療法(神経の伝導路を遮断する目的で発痛点付近の神経周辺に局所麻酔薬を注射する方法)や、理学療法などのリハビリ、症状が酷い場合には手術などを実施することもあります。

施術後は、生活での姿勢や食生活など生活習慣の改善のアドバイスを受けて次回の来院・治療へと繋がっていきます。

腰痛には整体のカイロプラクティックも選択肢

腰痛には整体の一つであるカイロプラクティックも効果的です。

「カイロプラクティック」とは19世紀に米国で考案された脊椎矯正手技療法です。

内臓など身体のさまざまな不調が、脊椎骨の配列の乱れによる神経圧迫に起因するという考えに基き、背骨の歪みや乱れを矯正して身体機能を回復させようとする手技療法になります。

カイロプラクティックでは、レントゲン画像や問診・触診をもとに背骨の歪みやズレの状態を正確に把握し、保存療法ではなく手技療法で根本的な解決をサポートしています。

当院「亀有ひまわり整骨院」はこの方法に基づいて整体治療を行なっています。

同院は、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などを原因とする坐骨神経痛に対しても改善の実績が多数あり、腰痛を抱えている場合は効果的とみられる治療を受けられます。

腰痛でも整体は有効な場合も!効果的に使おう

整体とは体全体のバランスを整えることで、腰痛患者には骨盤や背骨を整え、骨のズレなどを矯正して筋肉のコリや疲労を取り除く治療を行います。

ただし、医師が治療する整形外科や柔道整復師が治療する整骨院・接骨院と比較すると、できることが限られています。

保険取扱いの症状の場合の治療は大体どの院でも10分程度なので、痛い所周辺の治療のみで割ってしまうことが多いようです。

根本治療の場合は、保険治療は適応できませんが、その分治療効果は高く、症状も早く改善することが出来ます。

根本治療に興味があれば治療の実績が豊富な「亀有ひまわり整骨院」に問い合わせてみて下さい。

 

興味のある方は、下記から無料登録ください。

毎月お得な情報及びメルマガをお届けしています。

 

LINEで気軽に聞いてみる

 

関連記事

コメントは利用できません。

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

ページ上部へ戻る