坐骨神経痛は治るの?3つの治療法と治療期間について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

「坐骨神経痛は治るの?3つの治療法と治療期間について」

坐骨神経痛はそもそも治るのか?

坐骨神経痛とは、第4腰椎、第5腰椎神経孔から足まである人体最大の神経です。

坐骨神経痛の痛みやしびれは、症状によってある程度推測することができます。

神経が圧迫をうけるとその神経経路に症状を発症しますが、進行状態はレントゲン写真を撮れば、今現在軽度か重症かを知ることができます。

坐骨神経痛を治すには、レントゲン写真を撮り、全身の体の状態を把握してから治療を進めるべきです。

なぜならば、坐骨神経痛の多くが長年かかって痛みやしびれを起こしているため、症状が複雑になっているからです。

症状が複雑な場合、交感神経系と副交感神経系が混合している症状のため、治るのに時間を要します。

従って治すのには、時間がかかると言うことを自ずと自覚しなければなりません。

一方で副交感神経系の方が劇的に治るケースが多く見られます。

遅かれ早かれ、97%は保存療法で私は治ると確信しています。

坐骨神経痛の3つの治療法

坐骨神経痛を治すには

坐骨神経痛を治すには、痛みの原因がどこから発症して、どのような疾患で、どこをどう治せばこうなっていくと言う治療効果の未来像が必要です。

ケアをしていく段階

①原因がどこから発症しているか?

②どのような疾患か?

③どこをどう治せばよくなるか?

ただ意味もなく、やみくもに治療をしても、上記のケアをしていく段階がなければ決して治ることはありません。

坐骨神経痛の主な原因

坐骨神経痛の原因には、下記代表的な疾患があります。

①腰椎椎間板ヘルニア

②脊柱管狭窄症

③椎間板症

④脊椎サブラクセーション(脊椎、骨盤のずれ、歪み)

⑤閉塞性血栓性血管炎(バージャー病)

まず、診断によってどの疾患に当てはまるのか特定できるはずです。

原因が特定できれば、どのような処置をしていけばよいか事項で解説致します。

坐骨神経痛を治す方法

坐骨神経痛を治す方法として、現代医療として確立してあるのが、

整形外科の分野では、薬物療法や神経ブロック療法、リハビリの一環として牽引療法、外科手術などです。

代替療法の分野では、カイロプラクティック、トリガーポイント療法などが代表的な治療法です。

次項では、坐骨神経痛の治療法を様々な分野からご紹介致しますので、是非参考にしてみて下さい。

坐骨神経痛の痛みの治療方法をそれぞれ解説

薬物療法による痛みの症状改善方法

痛み止めの薬

痛み止めの薬には、現在「リリカ」と「ロキソニン」が一般的に処方されます。

薬の服用には、必ず人それぞれ効果もあれば、副作用も伴います。

服用する際には、メリット、デメリットを良く知った上で服用することをおすすめします。

痛み止めの薬は、あくまでも初期段階での疼痛軽減を目的とするため、長期的な服用は出来るだけ避けるべきです。

リリカ

(リリカの効果と副作用)

リリカの一般的な効能は、神経から出てくる痛みの信号を抑え、痛みを和らげることです。

副作用として、めまい、眠気、意識消失、体重増加などが報告されています。

詳しくは、リリカについて

ロキソニン

(ロキソニンの効果と副作用)

ロキソニンの一般的な効能は、炎症に伴う腫れや痛みを和らげることです。

副作用として、胃部不快感、腹痛、吐き気・嘔吐、食欲不振、むくみ、発疹、蕁麻疹、眠気、発熱、そう痒感が報告されています。

漢方 ツムラ

(漢方の効果)

疎経活血湯の一般的な効能は、痛み、しびれ、関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛を和らげることです。

痛み止めの注射

痛め止めの注射は、痛みを抑えるために行う治療の一つです。整形外科では、主に痛みが強いときに行われます。

ブロック注射

ブロック注射とは、麻酔薬を痛む部位の神経付近に注射することで、痛みを遮断する治療法です。

(ブロック注射の効果と副作用)

ブロック注射の効果は、薬が切れたら元の状態に戻る一時的な麻酔の効果の場合とうまく痛みが遮断され痛みがなくなる場合とがあります。

痛みをとるには、痛みのサイクルの悪循環を麻酔薬で遮断することで、症状が和らぎます。

外科的手術による症状改善方法

外科的に行われる症状は、尿がでなくなった時と拇趾の背屈が出来なくなった時です。

手術というと椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の手術が代表的な例です。

手術法は、以下サイトをご覧ください。

椎間板ヘルニアの手術について

脊柱管狭窄症の手術について

坐骨神経痛の手術方法

坐骨神経痛の治療では、緊急性による症状を除いて、すぐ手術が行われることはほとんどありません。

保存療法で症状の回復が難しい場合や膀胱や直腸に障害が見られる場合などに手術が検討されます。

坐骨神経痛に効果が期待できる施術方法

整骨院・接骨院

整骨院、接骨院では、坐骨神経痛の施術が出来るところと出来ないところがあります。

またけが以外は保険適応ができないため、どちらにしても坐骨神経痛の治療は、保険外治療となります。

施術法としては、電気療法、温熱療法、マッサージが主な施術法です。

整骨院・接骨院では、保険外治療でカイロプラクティックを行っているところがありますので、詳しいところで相談してみることです。

出来れば、カイロプラクティックの哲学、理論を理解して施術を行っている先生のところでうけるといいですね。

マッサージ

梨状筋症候群による症状がある場合、マッサージによる施術の効果が期待できます。

マッサージは、国家資格を持ったスポーツ障害に詳しい先生のところでうけるといいですね。

整体

整体は、民間療法で国家資格ではないので、施術方法も確立されおらず、施術法にばらつきがあります。

私個人の意見では、合う方もいるかも知れませんが、あまりお勧めは致しません。

鍼灸院での鍼治療は、坐骨神経津痛の症状には効果は期待できる思われます。

ですが、脊柱管狭窄症や椎間板症など椎間板や椎間孔が狭くなっておきた痛みやしびれの効果はあまり期待はできません。

トリガー ポイント

トリガーポイント治療は、梨状筋症候群や、筋肉の絞扼障害に起因する症状などは効果が期待できると思われます。

鍼治療同様に脊柱管狭窄症や椎間板症など椎間板や椎間孔が狭くなっておきた痛みやしびれの効果はあまり期待はできません。

スピリチュアル

坐骨神経痛の治療では、あまり聞きなれない言葉と思いますが、エネルギー療法といういうべきでしょうか?

私個人的な意見では、医学的根拠、施術法として説明できるものではないので、効果としての立証がなく、良くなると言う見通しがつきません。

坐骨神経痛の専門医と各種医療のご紹介

岩井整形外科内科病院

住所:〒133-0056 東京都江戸川区南小岩 8-17-2 

TEL:03-5694-6211

東京腰痛クリニック

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目1-15 第一御幸ビル 2・3階

TEL:03-5537-3885

坐骨神経痛の治療期間はどのくらいかかるの?

治療期間は、坐骨神経痛がどのような原因で起きているのか?どの程度の症状か?どのような治療を選択することでそれぞれかかる治療期間が異なります。

どんな症状も拗れた場合、回復までに時間を要します。

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症で手術を選択された場合、術後のリハビリの期間が必要になります。

手術後は、リハビリをして関節の機能を戻していかなければなりません。

そのまま放っておけば、症状はまた再発します。ですからしっかりと専門医の指導の下リハビリをしっかり行いましょう。

次に、手術の適応外で保存療法で治療を進めていく場合、

症状によって、治療法選択する必要があります。

それぞれ合う合わない、先生の技術力、治療間隔によって治療期間が異なります。

軽度であれば、1週間程で症状が良くなる場合もあります。

中等度から重度によっては、1ヶ月~3ヶ月の期間を要する場合が多いです。

その理由は、痛みやしびれの症状は、長い時間によって神経圧迫が起きた状態ですから、通常神経が回復するまでの期間は医学的な観点から3ヶ月かかると立証されています。

こんなにかかると思われる方もいれば、このくらいの目安で見ておけば、良くなると思うのか?

人それぞれ考え方の相違があります。

痛みやしびれの症状は、一般的に期間がかかると思って頂きたいと思います。

正しく治療がされていれば、その期間治癒力が働き、初めて受診した時よりも大抵は回復している状態と思われます。

まとめ

坐骨神経痛』の治療法について説明致しました。

説明に関しては、もっと記載するべきことがたくさんあると思いますが、その辺はご理解ください。

坐骨神経痛とは、一般的に臀部・太もも・すね・ふくらはぎ・足先にかけて痛みやしびれが発症する症状です。

このような症状を患ってしまうと日常生活に支障が出やすく、仕事やスポーツでのパフォーマンス低下、身体的ストレス増大、睡眠不足など、症状が長引くことで精神的な負担も増えます。

通常、そのうちに良くなるかと症状経過をみますが、圧倒的にその間に症状が進行し、悪化しています。

できるだけ症状を感じた場合、放っておいても良くなる事は少ないため早い段階で治療に向け行動することをおすすめ致します。

坐骨神経痛』を改善するためには、どのような治療法を選択する必要があるか?

この選択が間違ってなく、尚且つ適切な治療が行われた時、時には劇的な効果が期待できることがあります。

病院のレントゲン検査やMRI検査で異常が見つからないケースでしたら、施術をスケジュール通り続けることで回復する可能性はより高まるでしょう。

坐骨神経痛』と言っても、痛い脚を治療するわけではなく、痛みの元である腰神経の圧迫を取り除くことが一番の目的です。

坐骨神経痛』を放っておいても何のメリットもありません。

早期治療早期回復を目指して、日常生活ストレスのない快適な日々を取り戻しましょう!

 

興味のある方は、下記から無料登録ください。

毎月お得な情報及びメルマガをお届けしています。

 

 

坐骨神経痛を治す3つの治療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

最新の投稿

ページ上部へ戻る