脊柱管狭窄症のための効果的な5つの運動プログラム

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

「脊柱管狭窄症のための効果的な5つの運動プログラム」

腰部脊柱管狭窄症がある場合、リハビリ療法で脊椎全体を治療することで、脊椎全体の可動性を改善することができます。

脊柱管狭窄症がある場合に最も重要なことの1つは、定期的な運動プログラムを行うことです。

この運動プログラムは、脊椎の位置を変えることに焦点を当て、脊髄神経から圧力を取り除くのに役立ちます。

これにより、痛みを軽減また解消し、痛みのない歩行能力を向上させることができます。

この治療と運動プログラムは、脊椎の正常な可動性を回復し、最適な機能と可動性に戻るのに役立ちます。

またこれから行う運動プログラムを開始する前に、特定の状態に対して運動が安全であることを医師に確認してから行ってください。

持続性腰椎伸展運動

腰部脊柱管狭窄症の多くの人は、脊椎を前方に曲げる腰部屈曲運動が主に行われます。

この運動プログラムの多くは屈曲に重点を置いていますが、症状によっては持続的な腰部伸展を試す必要があります。

通常腰椎の屈曲により脊椎が開き、脊髄神経の圧迫が軽減されます。

しかし、脊柱管狭窄症のごく一部の人は、関節が後方に曲がることで症状が軽減する場合があります。

この方法は、腰椎椎間板を押しながら、脊柱管から離れるように動かします。

ここで行う運動は、うつ伏せになって腰椎伸展運動の代表的な運動療法であるマッケンジー療法による腰の伸展運動です。

この動作により、腰神経にゆとりを持たせることができます。

運動を行うには、足を肩幅に広げて立ち、背中を支えて後ろに曲がります。

約60秒間ポジションを保持します。

この姿勢は、背中の痛みや脚の痛みやうずきの増加を引き起こす可能性があります。

一部の人では、症状は60秒以内に収まります。

その場合は、腰部脊柱管狭窄症の運動に追加してください。

腰椎伸展運動を中止する場合

持続的な腰椎伸展が症状の増加を引き起こし、60秒ほどできない運動の場合、このようなストレッチは中止する必要があります。

仰向けになって腰椎を屈曲させる

脊柱管狭窄症で腰部屈曲運動を行うには、主に仰向けの状態で腰部を屈曲する運動をあります。

このストレッチを行うには、膝を曲げて仰向けになります。

ゆっくり膝を胸につけ、手でホールドします。

この丸めた位置を2秒間保持してから、膝を離して元の位置に戻します。

この腰椎屈曲運動を10回繰り返して、次に進みます。

持続性腰椎屈曲運動

ここで行う運動は、仰向けになって腰椎屈曲運動の代表的な運動療法であるウィリアムズ腰の屈曲運動です。

腰の屈曲運動は、腰の可動性を改善し、腰痛を軽減する簡単な方法です。

背中への負担が少なく、横になった状態で行うことができるため、最も安全な運動です。

腰部屈曲は、脊柱管狭窄症、脊椎すべり症、腰椎椎間関節の問題に効果的な運動であることが示されています。

このような屈曲運動を行った後は、数回後方に曲げることを推奨します。

その理由は、運動中脊椎に負担をかけた屈曲荷重を戻す必要があるからです。

ウィリアムズの屈曲運動後は、通常1回または2回の繰り返しで十分です。

腰の屈曲を行う時期

通常、腰痛症状がある場合、腰の屈曲運動が効果的である場合があります。

脊柱管狭窄症による坐骨神経痛の場合や腰椎ヘルニアによる坐骨神経痛では、進行を抑える腰部運動の一部として行われます。

主に腰椎ヘルニアによる坐骨神経痛で膨隆した椎間板が回復しているときには、腰部屈曲運動として行うこともできます。

しかしこの運動を実行するときは注意が必要です。

急性椎間板で膨張したヘルニアは、腰椎の屈曲によって悪化することがあります。

このエクササイズを実行する前に、それが正しいことであることを医師に確認する必要があります。

腰椎屈曲を行うべきではない人

ここから行う腰椎屈曲運動プログラムを始める前には、必ず医師や専門家に確認してから進めてください。

脊柱管狭窄症では、腰の屈曲運動を行わないほうがよい場合があります。

腰の屈曲運動を行っていて症状が悪化した場合は、まず運動を中止して専門家の助言を求めることです。

運動中に発生する症状(臀部、大腿、または脚で感じる背骨の痛み)は、その運動が適切な運動であることを示しています。

反対に、運動を行っているときに臀部、大腿、または脚の症状が悪化した場合、運動はすぐに停止する必要があります。

腰椎屈曲運動を行う方法

腰の屈曲運動を行うには、仰向けに寝る場所を見つける必要があります。

横になった時、体の表面はしっかり固定する必要がありますが、それでもある程度の快適さを提供するのに十分なクッションやマットが必要です。

ベッドで腰部屈曲運動を行うことはお勧めできません。

これからは仰向けの姿勢で行う運動方法を説明していきます。

仰向けになります。

両膝を曲げ、足を地面に平らに置きます。

ゆっくりと両膝を胸に近づけ、手で膝をつかみます。

膝を圧迫すると膝の痛みが発生する場合は、膝の下の太ももをつかんで行います。

そっと膝を胸の近くまで引き上げます。

この位置を3秒間保持します。

膝をゆっくりと開始位置まで下げます。

足は床で平らにし、膝は曲げます。

10回繰り返します。

症状が軽減または楽な場合は、10回繰り返し行います。

もし症状が悪化した場合は、直ちに中止して、医療専門家に相談する必要があります。

痛みが悪化している場合、腰部屈曲を介してストレッチを続けることは決して良い考えではありません。

腰の屈曲運動は1日に数回行うことができます。

痛みが治まったら、腰のメンテナンの一環として、この運動を1日に1回行うことができます。

腰の屈曲運動の進行

仰向けの姿勢での腰の屈曲運動が簡単にできるようになったら、次はより高度な運動に進むことができます。

次に進む運動は下記のとおりです。

脊柱管狭窄症のための効果的な5つの運動プログラム

ここで行う運動プログラムは、腰痛体操の代表的なウィリアムズ屈曲運動を活用したプログラムです。

注意する点としては、痛みを引き起こしてはならないことを覚えておいてください。

運動の進行により痛みが生じた場合は、運動を中止する必要があります。

痛みを引き起こさないために以前の屈曲運動に戻ることをお勧めします。

座位での腰部屈曲運動

仰向けの姿勢で行う腰椎屈曲運動が終わったら、次に座った状態で狭窄の曲げ運動を行います。

腰椎屈曲を行うには、両足を床に置いて膝を開き、硬い椅子に座ります。

腰を曲げてゆっくりと前に曲げていき、両膝の間の床に向かって手を伸ばし、この完全に曲げた位置を2〜3秒間保持します。

開始位置に戻ります。

さらに圧力を加える必要がある場合は、足首をつかみ、穏やかに引っ張ってください。

このポジションを2秒間保持した後、手を離して完全な直立姿勢に戻します。

腰椎屈曲運動を10回繰り返してから、次の運動に進みます。

立位で行う腰部屈曲運動

立っている腰部屈曲は、脊柱管狭窄症を治療するための素晴らしい運動です。

運動を行うには、足を肩幅程度に開いて立ち、腰をゆっくりと前屈み、床に向かって手を伸ばします。

できるだけ手を足元に伸ばし、この位置を2〜3秒間保持します。

2〜3秒間完全に曲げたら、ゆっくりと直立した姿勢に戻します。

運動を10回繰り返します。

この運動は、散歩に出かけるときに起こる背中や脚の痛みを解消するのに役立ちます。

歩行中に背中の痛みや脚のうずきが増加した場合は、症状を緩和するために、数回繰り返すだけで前に屈みます。

お尻と体幹の強化

脊柱管狭窄症がある場合は、体幹の深層筋を強化することで、脊椎を支える筋肉の働きを改善することができます。

特に後部骨盤傾斜は、脊椎を曲げながら腹部と股関節の筋肉を動かす優れた運動です。

骨盤を傾けるには、膝を曲げて仰向けに寝ます。

脊椎を平らに伸ばしているように、ゆっくりと骨盤を後方に回転させます。

この位置を3秒間保持してから、ゆっくりと開始位置に戻します。

10回繰り返します。

場合によっては、脊柱管狭窄症がある場合に、股関節強化が歩行能力の向上に役立つことがあります。

エアロバイク

腰部脊柱管狭窄症は、徐々に進行する進行性の状態です。

症状が現れてから、放置しておくと徐々に活動レベルが低下していることに気付くでしょう。

この活動の減少は、全体的な有酸素運動レベルに影響を与える可能性があります。

脊柱管狭窄症の症状が抑えられると、有酸素運動を継続的に取り入れ始めることができます。

歩行は、下半身強化にとっては良い考えですが、症状により長い距離を歩くことができない場合は、自転車に乗って心臓呼吸器の運動レベルを改善することを検討してください。

自転車に乗っているときは座っているので、自転車に乗ることをお勧めします。

治療

腰部脊柱管狭窄がある場合、運動は症状を治療し、疾患の進行を防ぐための主要なツールの1つである必要があります。

このような腰の屈曲運動によって、通常の日常生活に戻り、迅速かつ安全に機能するための運動療法の一部となる場合があります

自分の状態にあった運動を学び、すぐに腰部脊柱管狭窄症の自宅で行う運動プログラムを行ってみてください。

腰痛及び脊柱管狭窄症による坐骨神経痛症状がある場合は、適度な運動と姿勢矯正が正常な機能に戻るための重要なプログラムです。

脊柱管狭窄症の治療は、関節面のズレを矯正することで、関節面の位置及び関節のスペースを確保することが目的で行います。

治療は、必ずレントゲン写真での画像診断で原因を見つけだし、矯正を行います。

原因となる腰椎や仙骨、腸骨を含め、関節の角度を計算して最終的な矯正する箇所、方向などを決定し、施術を行います。

矯正治療の動画を是非ご参考下さい。

 

興味のある方は、下記から無料登録ください。

毎月お得な情報及びメルマガをお届けしています。

 

LINEで気軽に聞いてみる

 

関連記事

コメントは利用できません。

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

ページ上部へ戻る