五十肩の治し方

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「五十肩の治し方」

後ろにある受話器を、後ろ向きのまま取ろうとして、突然、肩に痛みが走ったなど、そんなきわめてささいなことをきっかけとして五十肩は始まります。

「眠っていたときに寝返りをうつと肩が痛み、その痛みで目が覚めるという人もいます。動かさないと痛くないというのが特徴です。」

手で頭を触ろうとすると激しい痛みに襲われ、ひどいときには腕を上げることも、腰の後ろに手を回すこともできなくなってしまいます。

「原因ははっきりしていないといわれていますが、加齢によるものが原因の一つと考えられます。」

五十肩・四十肩は、正式な病名は肩関節周囲炎と言います

五十肩や四十肩とよく言われていますが、病名的には「肩関節周囲炎」と言われています。

肩の周辺が炎症を起こして、癒着した状態になると考えられています。

50代の人がなると「五十肩」、40代の人がなると「四十肩」と言っています。

そういわれるように、40から60歳にかけて多い病気でもあります。

主な治療法は、「五十肩体操」、「五十肩ストレッチ」により五十肩で障害となっている動作を故意に行わせることで、逆に障害を取り除く体操やストレッチです。

これには、「徒手体操・ストレッチ」と「道具を使用する体操・ストレッチ」があります。

今回は、自分でできる効果の高い五十肩を治すストレッチの一部をご紹介します。

四十肩、五十肩の体操・ストレッチの目的

1、肩の痛みを緩和すること

2、関節の動きと可動域を確保すること

3、再発防止、予防すること


四十肩・五十肩は、痛みのために自力で腕を上げようとしても、なかなか腕が上がりません。

そういったことから今回は、力を入れなくてもテコの原理を利用して楽に行うことが出来る壁や棒を使ったストレッチを解説いたします。

 

1、肩の徒手ストレッチ

 


 

2、肩の棒ストレッチ

 

 

体操・ストレッチはどれもゆっくり行うのがポイントです。

無理は禁物です。

肩を保温したり、肩が温まった入浴後に行うと効果的です。

痛みの経過は、症状にもよりますが肩の癒着が強い方は1年~1年半くらいかかる場合が多いです。

腕が良く動かせないなどの運動障害を起こしたり、もう片方も五十肩になることがあるので、早めに一度受診することをお勧めします。

適切な治療を行えば、半年くらいで改善する可能性が高くなります。

ただし、五十肩の症状をこじらせてしまうと、回復に時間を要してしまうこともあります。

また他の病気が原因での痛みもありますので、自己判断しないようにしましょう。


五十肩以外にも、代表的な疾患では

・肩に石灰化が起こる「石灰沈着性腱板炎」

・「腱板損傷」

などもあります。

 

五十肩の痛みは情緒不安定にもつながり、仕事や家事にも意欲が出てこなくなりますので早く治すには治療が一番と分かっているのですから、迷いは禁物です。

 

 

 

<ご質問お問い合わせは下記より>

◆ホームページ◆
https://himawari-seikotsuin.com/

 

◆院長大須賀に相談してみる 

http://www.firstchecker.jp/dx/form/1201/

メルマガでもっと濃い内容をお届けしています。
無料メルマガ興味のある方は下記から。

 

メルマガは、ひまわり通信「幸せは、まず健康から」という件名で届きます。
http://ws.formzu.net/fgen/S78617244/

無料レポート
▶「日常簡単に出来る肩こり予防体操ストレッチ」

興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-katakori

▶「日常簡単に出来る腰痛予防体操ストレッチ」

興味のある方は下記から
https://peraichi.com/landing_pages/view/himawari-youtuu

関連記事

コメントは利用できません。

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-28-2
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:30
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

ページ上部へ戻る