腰を曲げると痛い腰痛

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「腰を曲げると痛い腰痛」

腰を曲げると痛い腰痛、骨がずれることで神経を刺激する!

腰を曲げる動作は、日常生活の中でも非常に頻度が多い動作です。 

この腰を曲げる動作により、背中の筋肉が伸ばされたり、関節や椎間板にストレスがかかります。

あまり、負担がかかり過ぎると骨がずれるようになり、痛みや前屈みの動作が困難となります。

よく筋肉が硬いせいという理由を聞かれる方もおりますが、決して筋肉が硬いから曲がらないということはありません。

その理由はなぜでしょうか?

体を曲げたり、伸ばしたりする動作は、全て関節で行っているからです。

筋肉は、その関節を動かすための支えとなる部分なのです。

腰を曲げると痛む主な腰痛の原因 

①椎間板障害

②骨がずれる

③椎間板ヘルニア

このような原因によって痛みが生じます。

腰痛段階1:腰を反らすと痛い腰痛の改善しない限り、椎間板及び関節、背中側の筋肉に負担がかかり続けることになります。

従って、背中側の筋肉をマッサージで緩めても、改善には至りません。

根本的に改善したい場合は、この腰痛段階1の腰痛からアプローチする必要があります。
腰を反らすと痛い腰痛については、こちらをご覧下さい。

腰を曲げると痛い腰痛に関係している筋肉とは

腰を反らすと痛い腰痛は、背中側だけでなく、お腹側の筋肉も関係しています。

具体的にどのような筋肉が痛みに関わっているかをご紹介します。。
背中側の筋肉は、こちらをご覧下さい。

お腹側の筋肉は、こちらをご覧下さい。
大腰筋、腸骨筋、小臀筋、大腿直筋直筋など股関節をまたいでいる筋肉

この中で、最も重要な筋肉が大腰筋です。

大腰筋は、骨盤から股関節までつながっているインナーマッスル(深層筋)です。

この筋肉は、姿勢を維持する意外に、日常動作で使われる重要な筋肉です。

腰を曲げると痛い腰痛を改善するには

腰を曲げると痛い腰痛を元の腰に戻す方法には、ある治療法が必要になります。

多くの人は、マッサージやストレッチで筋肉を柔らかくすればよいと思っている方も少なくありません。

関節にロックがかかっているところにマッサージやストレッチを行うとかえって逆効果になってしまう可能性が高いのです。

硬くなった筋肉にマッサージやストレッチをするとどのようなことが起きるのかは別の記事で紹介していますので、そちらをご覧ください!

硬くなった関節や筋肉を元に戻すためには、関節や筋肉が硬くなる仕組み、「骨がずれる」ことについて詳しく知る必要があります。

「骨がずれる」と言うことを簡単に一言で表すと、「骨組み」です。

関節は守るために一生懸命筋肉が硬くなっているのです。

この関節を守る骨組みを戻すには、筋肉を伸ばしたりするのではなく、骨を元の正常の位置に戻す必要があります。

まとめ

腰を曲げて痛む腰痛は、単に腰の筋肉だけにアプローチするのではなく、もっと深層にある骨にアプローチする必要があります。

筋肉が硬くなっいる原因は、関節を守るための防御反応なのです。

この状態を放置しているため、ちょっとした姿勢や動作で痛みを感じます。

自分で出来るストレッチもありますが、是非治療家による本格的な矯正も一度体験してみて下さい!

 

興味のある方は、下記から無料登録ください。

毎月お得な情報及びメルマガをお届けしています。

 

関連記事

コメントは利用できません。

この記事を書いた人

大須賀 昭 Oosuga Akira

院長
資格柔道整復師免許(国家資格)

サイトの運営者情報

亀有ひまわり整骨院

〒125-0061
東京都葛飾区亀有5-50-5 1F
03-3628-9955

受付時間
月~金:9:00~12:00
16:00~20:00
土  :9:00~15:00
休診日:日・祝日

当院のFacebookページ

ページ上部へ戻る